ノンリコースローンに関して - 向井 啓和 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ノンリコースローンに関して

2008/10/21 21:26

「ノンリコースローン」を検討されているという事ですが、日本の銀行では大っぴらにノンリコースローンを紹介してません。外資系のサイトがありますのでこちらを参照ください。http://www.morganstanley.co.jp/loan/conditionality.html(現在も実際にローンを提供しているかは定かではありませんが)

通常のリコースローンとの大きな違いがいくつかあります。

(1)倒産隔離という処理をする為に本人とは分離したSPCの設立が必要になります。(コストが数100万掛ります。)
(2)借入期間が短い―ノンリコースローンは個人が介在しない事から5年前後が多く、借り換えを計画しているが実際にはその時の市場環境によって借り換えが出来ない事がある。(特に今のような金融危機の状況を意味してます。)
(3)返済スケジュールが変則である―期中の返済期間は元本返済が少ないですが、期限がきた際に一気に返済する事を迫られます。よってキャッシュフローが返済時に大きくマイナスになります。(返済時に臨時収入等があればリスクは高くありませんがそうでなければかなり危険性が高いです。)

簡単に言いましてノンリコースローンは短い返済期日の前後に大きなリスクがあるという事です。また、金利も通常のローンよりも0.5%から1%高いですし、余計な費用がかさみます。更に現在の様な環境ではノンリコースローンを金融機関は出さなくなってきます。と言いますのも、現在世界中で問題になっているサブプライムローンやそれに準じるローンは殆どノンリコースローンだからです。

そういったことからも金融機関がより一層ノンリコースローンの提供に慎重になる事がご理解いただけるかと思います。しっかりとした計画の基、長期間キャッシュフローが安定的に確保出来るリコースローン(通常の不動産投資ローン)での不動産経営をお勧めします。(ファンド運営等を行わないのであれば)

回答専門家

向井 啓和
向井 啓和
( 東京都 / 不動産業 )
みなとアセットマネジメント株式会社
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「ノンリコースローン」について

マネー 不動産投資・物件管理 2008/06/17 15:29

現在、古い家屋が残っている土地を相続したのですがその活用方法に関して教えてください。
自宅は購入しているので、相続した土地はアパート等を建築して賃貸物件として活用したいのですが、自宅のロ… [続きを読む]

ふじもんさん (東京都/33歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

今後の注意点について たかひよさん  2012-12-31 00:42 回答1件
今後の注意点について たかひよさん  2012-12-31 00:31 回答1件
建て替えか買い替えか! 富士山1さん  2015-11-15 21:44 回答1件
不動産賃貸業(個人事業)の節税・相続税対策について たかさん2号さん  2011-03-09 00:50 回答1件
住宅ローンを不動産投資ローンに借り換え オオハシさん  2015-11-11 17:26 回答1件