偽証罪 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:刑事事件・犯罪

大塚 隆治

大塚 隆治
弁護士

- good

偽証罪

2008/06/22 13:17

偽証罪(刑法169条)は、「法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をした」ときに成立する犯罪ですので、取調べには宣誓はなく、偽証罪は成立しません。

捜査機関が犯罪を捜査する場合、動機の解明は重要な捜査事項です。仮にその犯罪が裁判になり、被告人が虚偽の動機を供述しているということが明らかになれば、嘘つきだということで不利な情状になります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

取調べ

暮らしと法律 刑事事件・犯罪 2008/06/17 06:08

取調べ時に、嘘の動機を述べた場合偽証罪に問われるのでしょうか?
嘘の事実であれば偽証罪であると思いますが、動機の場合どう判断されるのでしょうか?
また犯罪が立証され、起訴するに十分な準備が整っているにもかかわらず、被疑者が言った動機の証拠までをも捜査することは有り得るのでしょうか?

友人さん (東京都/20歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

同じ軽犯罪を二度犯した場合 tomozo5959さん  2013-08-12 16:31 回答1件
窃盗、書類送検 dmwajtさん  2012-10-03 22:18 回答1件
軽犯罪 bbbaaacさん  2012-05-21 21:44 回答1件
子どもの窃盗容疑について nayamerukobutoさん  2012-04-10 17:49 回答1件
軽犯罪法違反について 3939さん  2012-03-14 00:51 回答1件