今後のマネープランの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

今後のマネープランの件

2008/06/18 17:37

じゃい子さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『定年の60歳までに大体どれくらい貯めておくのかよいのか、入った方がよい保険、また、自宅の運用等アドバイス...。』につきまして、
1.60歳までに老後資金として貯めておく金額につきましては、各々の生活レベルにより異なりますので、一概には申し上げられません。
じゃいこさんの毎月の基本生活費×12ヶ月×平均寿命85歳までの年数を算出すれば、最低限の生活費用は分かります。

さらに、固定資産税などの税金、ライフイベント資金なども見積もっておくとよろしいと考えます。

目安として、夫婦ふたりの家庭で準備する老後資金として、最低3,000万円などと言われていますが、ひとりでしたらこんなには準備する必要ないものと考えます。

2.今のうちに入っておいてもよろしい保険としては、終身タイプの医療保険がよろしい考えます。
医療負担につきまして、今後自己負担分は増えていく物と思われますし、健康体のうちに加入しておかないと、保険料が割高になってしまったり、加入できなくなってしまいます。

今のうちから加入することで、支払い保険料につきましても、毎月数千円で済みます。

3.現在保有している住宅につきまして、ひとり暮らしということでしたら、賃貸に出してじゃい子さんはもう少し狭い住宅に越してもよろしいと考えます。

住むところにもよりますが、たぶん、賃料は十分に賄えるものと思われますし、差額も発生して家賃収入を得られることになると考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

今後のマネープランについて。

マネー 家計・ライフプラン 2008/06/16 12:48

はじめまして、36歳バツイチ子無しで
営業事務で正社員として働いています。
今後のマネープランについてアドバイスを
お願い致します。

姉妹ともにバツイチで、姉は実家の持ち家に暮らして
いま… [続きを読む]

じゃい子さん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aの回答

今後のマネープランについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/16 13:15
資産運用と財産活用 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/16 15:26
老後資金の概算と資産運用について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/16 15:32
今後の人生でやりたいことは何ですか 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/16 13:33
具体的なご回答 2008/06/17 01:26
具体的なご回答 2008/06/17 01:36

このQ&Aに類似したQ&A

収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
先が見えずに不安です 悩み多き日々さん  2008-09-12 00:01 回答3件
将来が不安です 虎の巻さん  2008-06-15 16:51 回答5件
家計管理についてアドバイスをお願い致します。 ミュウさん  2008-02-21 18:08 回答4件