毎月の貯蓄割合は、運用率に左右されます。 - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

毎月の貯蓄割合は、運用率に左右されます。

2008/06/05 15:59

りとも様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。しっかりと、家計の管理をされているご様子。

まず、ご主人のお小遣いですが、多いか少ないかを専門家の立場で判断するのは、困難です。実際の相談実務においても、お小遣いが多いので、削りましょうとは、なかなか切り出し難いです。基本的には、ご本人に判断していただくしかないのではないかと思います。

なので、その他の部分で見直しができるところは、見直しをし、お小遣いは、最後の砦としましょう。

貯蓄と投資の配分バランスは、わるくないと思いますが、投資の方で、株式の個別銘柄を買われているため、リスクは高めかもしれません。もう少し、ご相談の背景を伺わないと、適切なアドバイスが難しいですが。

収入における毎月の貯蓄割合は、教育資金と老後資金の目標金額を設定し、運用率を勘案しながら、逆算で、求めてみてはいかがでしょうか。

例えば、老後資金に限定して考えますと、仮に目標金額が、30年後の3000万円、目標とする運用率が、年5%なら、毎月の必要貯蓄額は、約3万6千円です。一方、運用率が年1%なら、約7万1千円です。
※但し、計算は、複利運用で、税金・手数料を考慮していません。

つまり毎月必要な貯蓄の割合は、運用率に大きく左右されるということです。

何かわからないことなどありましたら、個別にご相談ください。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計における夫小遣いと毎月の貯蓄について

マネー 家計・ライフプラン 2008/06/05 14:34

結婚2年目の主婦です。夫の小遣いと毎月の貯蓄額についてご相談です。子供はおりません。以下は07年度の平均値です。
夫(35)収入手取り:38万/月・賞与年間140万
私(31)… [続きを読む]

りともさん (大分県/31歳/女性)

このQ&Aの回答

将来の家計全体でのお話し合いをお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/05 15:58
小遣いの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/06 17:22
人生の将来設計をしてみましょう 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/05 16:38
目標があれば財布が閉まると! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/05 18:46

このQ&Aに類似したQ&A

家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
家計見直しのアドバイス及び今後の貯蓄の不安 hiromisaruさん  2008-07-15 14:03 回答5件