中庭と通風について - 酒井 正人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

中庭と通風について

2008/06/01 13:37

ゆたさ様

はじめまして。 サカイデザインネットワークの酒井と申します。

ご新居の完成楽しみですね。
すでに専門家の方々が回答されていますが、構造やコストの面で「四角い家」は確かに一般的には効率よいと言えますが、「中庭のある家」を計画しL字、コの字になることで構造やコストの条件がはるかに難しくなるとは言えないと思います。 設計と施工体制の計画次第でコストパフォーマンスなども解決できることなので、ゆたさ様ご家族のライフスタイル(生活習慣、趣味、新たな住まいでの夢・・)をまず優先して住まう形を考えてみてはいかがでしょうか。

1Fにリビングスペースをご希望されていますので、「アウトリビング」や「プライベートガーデン」として機能する「中庭」の計画はとても快適で魅力的だと思います。 ご質問にある階段の通気は窓をつけることで大丈夫ですが、「中庭」は通気の面でもメリットが大きいと思います。 たとえば中庭へ向けて大きく開放できる計画にすれば、今頃の季節などは、中と外がつながり風が家の中を通り抜け心地よさは抜群だと思います。 風通りを考えることは「エコ住宅」の基本とも言えます。 なお、敷地に余裕がおありとのことですので、「四角い家」でもリビングに続くデッキスペースを少し広めに計画し、中庭と同様に「アウトリビング」を計画することも可能だと思います。

ぜひ素敵なお住まいを実現して下さい。 参考になりましたら幸いです。

中庭に関する関連コラムもご覧下さい

回答専門家

酒井 正人
酒井 正人
( 東京都 / 建築家 )
サカイデザインネットワーク有限会社
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

30坪程度で

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/05/30 14:41

1FにはLDK、4.5畳の和室、押入れ、洗面、お風呂、トイレ
2Fには子供部屋2つ、主寝室、ウォークインクローゼット、トイレが欲しいと思っています。

中庭があったほうが広く見えるからという主人の希望で
コ… [続きを読む]

ゆたささん (岐阜県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

30坪程度で・・・ 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2008/05/30 18:25
家の建設に於いてのポイントは湿気対策です。 深澤 熙之(建築プロデューサー) 2008/05/30 18:40
コストパフォーマンスを考えると 福味 健治(建築家) 2008/05/31 14:16
動線をつなげてみましょう 斉藤 進一(建築家) 2008/06/02 11:52
家は風が抜ける事が一番大切です 志田 茂(建築家) 2008/05/30 17:37
優先順位を考えて 2008/05/31 11:17

このQ&Aに類似したQ&A

平屋のプランについて ぽぽんたさん  2009-10-13 16:38 回答1件
間取りについて kenchiko1982さん  2009-06-09 23:29 回答1件
新築 じばにゃんさん  2014-06-10 00:15 回答1件
木造で大きな開口 ナカナカさん  2014-05-20 22:00 回答2件