コストパフォーマンスを考えると - 福味 健治 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

コストパフォーマンスを考えると

2008/05/31 14:16

ゆたささん、こんにちわ〜。大阪で設計事務所をしています。

タイトルに30坪でとありましたが、ご要望の間取りから家族構成を推察しますと、ベーシックなプランでしたら、充分可能な坪数かと思います。まぁ、部屋は広い方が良いでしょうから、上記に書かれている以外のスペース(玄関・廊下・階段etc)をどうレイアウトするかで、部屋の大きさが大きく変わるでしょう。

> これくらいの大きさだと四角く立てたほうが効率がよくなりますか?

はい、ご推察の通りです。L字にしましてもコの字にしましても、動線(廊下や階段)を、どうレイアウトするかで、述べ坪数に大きな差がでます。30坪をFIXすると動線が長くするだけで、部屋が狭くなってしまいます。ですので、廊下や階段を、リビングに取り込むとかの工夫が、必要となります。

また、地震が発生した場合、L字やコの字の家は、歪(イビツ)に揺れる場合が多く、それを是正しようと思えば、邪魔な位置に耐力壁を設けなければならなくなったりしますので、プランを考えるときは、動線計画ばかりでなしに、構造的センスも要求されます。

四角く建てる住宅は、一概にコストパフォーマンスが高く、安価で丈夫な家が出来ますが、建物の中央部にまで光と風を通す工夫が無いと、薄暗く空気の澱む家になってしまいます。階段や吹き抜けを上手に活用する工夫がいります。

私がプランするならば、コスト的に余裕があれば、L字やコの字にして、動線を短くする方法を考えます。

コストを押さえ気味にして、快適な住空間を得たいのならば、ボックス型の家にして光や風を取り込む工夫を考えます。

> 階段に窓をつけるなどすれば十分な通気性は望めるでしょうか。

はい、可能かと思います。写真は、階段スペースを乗り越えて、光・通気を満足させた例です。

回答専門家

福味 健治
福味 健治
( 大阪府 / 建築家 )
岡田一級建築士事務所
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

30坪程度で

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/05/30 14:41

1FにはLDK、4.5畳の和室、押入れ、洗面、お風呂、トイレ
2Fには子供部屋2つ、主寝室、ウォークインクローゼット、トイレが欲しいと思っています。

中庭があったほうが広く見えるからという主人の希望で
コ… [続きを読む]

ゆたささん (岐阜県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

30坪程度で・・・ 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2008/05/30 18:25
家の建設に於いてのポイントは湿気対策です。 深澤 熙之(建築プロデューサー) 2008/05/30 18:40
中庭と通風について 酒井 正人(建築家) 2008/06/01 13:37
動線をつなげてみましょう 斉藤 進一(建築家) 2008/06/02 11:52
家は風が抜ける事が一番大切です 志田 茂(建築家) 2008/05/30 17:37
優先順位を考えて 2008/05/31 11:17

このQ&Aに類似したQ&A

平屋のプランについて ぽぽんたさん  2009-10-13 16:38 回答1件
間取りについて kenchiko1982さん  2009-06-09 23:29 回答1件
新築 じばにゃんさん  2014-06-10 00:15 回答1件
木造で大きな開口 ナカナカさん  2014-05-20 22:00 回答2件