月収を6万6千円以下に押さえることが! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

月収を6万6千円以下に押さえることが!

2008/05/29 10:35

edorin2008様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回のedorin2008様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)
この健保組合の考え方は「家族手当」の支給を中心に判断されている様に思います。
edorin2008様がおっしゃることが「健康保険の被扶養者追加」の依頼ですので、健保組合と考え方のズレが有るみたいです。
「家族手当の受給」と「健康保険の被扶養者」を実現するためには、edorin2008様の月収を6万6千円以下に押さえることが近道かもしれません。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫の健康保険の扶養に入れませんでした。

マネー 年金・社会保険 2008/05/29 00:28

私の夫は、転職し5月1日より現在の会社で働いております。
私は結婚して依頼5年間、ずっとパート勤めをし、以前夫が勤めていた会社の健康保険(政府管掌)の扶養に入っておりました。今回、… [続きを読む]

edorin2008さん (福岡県/31歳/女性)

このQ&Aの回答

覚悟を決めて交渉に臨んでください 杉浦 恵祐(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/02 13:58

このQ&Aに類似したQ&A

世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
厚生年金?国民年金? やすほさん  2007-02-02 12:55 回答1件
Wワーク妻ですが世帯合併は必要ですか? ふにぽよさん  2015-07-08 11:32 回答1件