先住犬より年上の犬との多頭飼いについて - 小川 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

- good

先住犬より年上の犬との多頭飼いについて

2008/05/23 18:04
(
5.0
)

半年という期間限定ならば、基本的には先住犬のシュナ君を優先させて良いと思います。

ただ、2頭の上下関係を気にするよりも2頭の関係が上手く行くことを考えてあげるようにしてください。
ですから、時にはシュナちゃんよりも柴ちゃんを優先してしまうことがあっても良いです。

やはりMシュナウザーと柴では、性格も行動パターンも違います。
どうしてもシュナ君の方が柴ちゃんを追いかけてしまうようですし、あまりそれが続くと柴ちゃんにはストレスがかかってしまうと思うので、その場合はシュナ君を制御しても構いません。

もし制御しても追い掛け回すのを止めなければ、2頭をフリーにさせるときはシュナ君におもちゃやガムなどを渡して、柴ちゃん以外に興味を持たせるようにしてください。

「犬にとっては、飼い主の私が早くどちらかを優先的にするかを決めて欲しいと思っているのでしょうか?」ということですが、犬はどちらを優先するかを気にしている訳ではありません。
それよりも、飼い主さんの明確な態度を求めています。
(注)“明確な態度”とは“叱る”“厳しくする”ということではありません。
どちらかを例外なく優先するということが大切なのではなく、状況ごとにはっきりとした対処をすることが大切です。

これから半年間、ケンカなどせずに過ごせるようにちろりんさんが2頭の仲をとりもってあげてください(^-^)

評価・お礼

ちろりん さん

早々のご回答ありがとうございます。
そうですね、状況に応じて対処する!それが両方の犬にとっての矛盾をなくす事につながりますね。半年の間に、それぞれが持ついい所をお互いに学んでくれたらいいなと思っています。この様な多頭飼が出来る機会なんてそうそうないので、二匹としっかり楽しもうと思います。ご指導ありがとうございます。

回答専門家

小川 亜紀子
小川 亜紀子
( しつけインストラクター )
Dog Signal

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

先住犬より年上の犬との多頭飼いについて。。

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2008/05/21 09:59

こんにちは、私は1歳になったばかりのミニチュアシュナウザー♂を飼っています。
このミニシュナはとても活発な性格で、犬にも人にも懐っこい性格をしています。
そして、危害を加えるほ… [続きを読む]

ちろりんさん (広島県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

先住犬より年上の犬との多頭飼いについて。。 中西 典子(しつけインストラクター) 2008/05/23 23:43

このQ&Aに類似したQ&A

多頭飼いの犬の仲が悪い ちゃこら2さん  2014-05-25 20:56 回答3件
子犬のしつけ NEW7さん  2009-01-15 01:50 回答1件
噛む=信頼されてない? erika*さん  2008-10-24 13:03 回答1件
興奮しやすい性格の子犬に対する躾について。 coconutさん  2008-03-31 22:22 回答2件
去勢について(オスとの喧嘩) mikuさん  2008-02-02 22:29 回答2件