断熱材は必要です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

志田 茂

志田 茂
建築家

- good

断熱材は必要です

2008/05/14 10:04

2104さん、はじめまして。
志田建築設計事務所 志田です。

断熱材を取り付けるのは、非常に簡単な言い方をしますと、外の熱をなるべく家の中に入れないためです。とくに屋根面は日射を一日中受けるわけですから、屋根の温度は非常に高温になり、その熱は室内に放射され、部屋の温度が上昇します。

また、天井だけでなく、壁も床も含めてバランスよく取付ないと、効果が薄れます。そして天井に断熱材を取り付けても、天井裏の換気ができなければ、結局は断熱材で(ある程度)遮った熱の行き場がなく、いつまでも天井裏の空気が熱く、断熱材を取り付けている意味がなくなります。

断熱だけでなく換気もセットで考えなければいけません。

***

昔は、現在ある「断熱材」というものがありませんでした。なので、外の熱は、そのまま内部に取り込まれていました。「断熱材」「エアコン」「暖房設備」など、機械的、力技的に対応するものがなかったので、家のしつらえで、外部の環境に対応しようとしていたのです。瓦屋根、土壁、長い庇(ひさし)など、長い時間と経験で、いかに暑い夏の日差しを遮り、風を通し、冬の日差しを取り込むか、、、日本人の知恵と技は素晴らしいものでした。ご存知だと思いますが「打水」もその一つです。

現在の家は、そうゆう外部環境に対して「機械じかけ」で対応しますが、それが決して「最良の方法」とは思いません。

2104さんが「自分は断熱材なんかなくていい」とお考えなら、それはそれでもいいのです。ただし、「熱い、寒い」と言って、冷房や暖房をガンガンかけてエネルギーを消費するのでは、今の時代、関心できる暮らし方とは言えません。

新築であれば、基本的には断熱材を取り付けます。しかし、それで100%「断熱」できるわけではありません。先人の知恵を学び、その一部でも取り込み、自然環境ともうまく付き合う暮らし方を考えてみてください。

補足

ちょっとご質問を勘違いしました。最上階の屋根・・ご質問は平屋 と、勝手に解釈していました。失礼しました。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

1階天井裏の断熱材

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/05/14 09:16

1階天井裏には断熱材が必要ですか?
建築予定地は中国地方の広島県です。
どういったときに1階天井裏に断熱材が必要なのかわかりません。
宜しくお願いします。

2104さん (岡山県/26歳/男性)

このQ&Aの回答

一般的には、断熱は外周のみ 森岡 篤(建築家) 2008/05/14 18:38
断熱材を使用した高断熱化は奥が深いです。 深澤 熙之(建築プロデューサー) 2008/05/16 11:22
断熱材なのでしょうか、 横田 之宏(建築家) 2008/05/15 07:49
断熱材について 2008/05/14 09:36

このQ&Aに類似したQ&A

第3種換気の寒さ バンプラさん  2009-04-05 17:26 回答1件
断熱材の選択 Dutraさん  2016-09-12 23:30 回答1件
断熱材 kei4085jpさん  2014-03-29 10:31 回答1件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件
RC外断熱での耐火構造 はのんさん  2013-06-13 18:54 回答1件