控除について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

控除について

2008/05/13 19:32

まず、お父様の扶養にはいるためには、合計所得金額が38万円以下でなければなりません。
合計所得金額とは給与収入だけで考えれば年間103万円以下となります。
今回のケースでは派遣社員の収入がこの給与収入に当てはまります。
また、家庭教師の収入については、雑所得もしくは事業所得に当てはまり、収入を獲得するために要した経費はご質問で述べられている通り経費にすることができると考えられます。
この場合、確定申告が必要なケースは給与収入について年末調整を行わない場合、や年末調整を行っても、家庭教師の収入-必要経費=20万円を超える場合は確定申告をしなければなりません。
そして、これらを総合的に判断して扶養に入れるか決まります。
従いまして、まず今年の給与収入はどれくらいになるのか、また家庭教師の収入と必要経費がどれくらいになるのか分からないと判断することはできません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

控除について

マネー 税金 2008/05/13 00:50

現在、独身で実家で暮らしています。来年、休業を考えている為父の扶養から外れないようにしたいと考えています。 

派遣社員で働いていますが、家庭教師も行なっています。家庭教師はフリーの為、教科書や交通費等の… [続きを読む]

つつじさん (愛知県/26歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告時の必要経費等について mitiさん  2009-09-01 11:57 回答1件
給与所得と事業所得がある場合の確定申告 配偶者控除について アメジストさん  2013-10-09 06:03 回答1件
給与所得控除と青色申告控除は同時に受けられる? ナイルさん  2009-02-18 00:32 回答1件
パート収入、抑えるのが得策? 汗かき熱中人さん  2008-08-08 14:42 回答4件
配偶者控除の てでぃさん  2008-03-08 00:15 回答1件