住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2008/05/11 20:18
(
4.0
)

ノリユキさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『もし子どもができたらやっていけるか不安です。』につきまして、ボーナス分を月払いに戻した場合の毎月の返済額12万円につきまして、ふたり合わせた手取り月収38万円に占める住宅ローンの負担割合は32%程度になってしまいます。

さらにノリユキさんだけの手取り月収30万円に占める住宅ローンの負担割合は40%にもなってしまいますので、この水準では家計が成り立たなくなってしまいます。

安心して住宅ローンを返済していくためにも、住宅ローンの負担割合は28%以内に収まるようにしていただくことをおすすめいたします。

よって、住宅購入につきまして、今回は見送った方がよろしいと考えます。

また、住宅を購入する場合、自己資金として物件価格の20%+諸費用は予め用意してから、購入するようにしてください。

自己資金が用意できている分、借り入れ金額も少なくて済みますので、毎月のローン負担もその分軽減することができます、

不動産市況は落ち込み始めていますので、今慌てて購入しなくても大丈夫だと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

ノリユキ さん

回答ありがとうございます。
40%は確かに厳しいですよね。
確かに不動産市況は落ち込み始めているので10年後は金利は上がるかもしれませんが、その分、土地や物件の値段が下がっているかもしれませんね。
ご意見を参考にさせて頂きます。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

マイホーム購入について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/05/11 10:50

私(27歳) 会社員(勤続5年) 年収:520万 月の手取り:22〜30万
ボーナス手取り(合計100万)
嫁 (26歳) パート 月の手取り:6〜8万

今は賃貸のアパート暮らし。家賃9万円。貯… [続きを読む]

ノリユキさん (神奈川県/27歳/男性)

このQ&Aの回答

物件価格の見直しまたは頭金貯蓄をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/11 17:20
住宅購入について 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/12 07:44
家計とお気持ちの確認 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/12 11:44
衝動買いは、あり得ません。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/12 13:53
6年目以降が不安と思いますので! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/11 12:20

このQ&Aに類似したQ&A

マイホーム購入について wantokさん  2008-05-03 10:07 回答7件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅ローンの借り方について コロンコロンさん  2011-07-05 23:35 回答3件
家計診断と住宅購入の相談です。 よっつんさん  2009-07-12 01:19 回答6件