本来の意味を知ると明快になりますよ - 八納 啓造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本来の意味を知ると明快になりますよ

2008/05/10 00:44

もともと、○LDKという表現は、欧米から入ってきたものです。
本来は「○ベットルーム、○バス」(※寝室が何部屋でお風呂がいくつついているか?)と
表現します。それにLDKが標準装備というイメージです。

この形が''1950年頃から日本に輸入されて''○LDKという言い方に変化しました。
欧米では、ベットルームとして使っていた部屋を日本では居室として使ったので
こういう言い方に変わっていった経緯があります。
 ※このあたりの詳しい話は、コラムにつづっていますので興味がある方はご覧
  ください。

ですので、上記のように○LDKの○である部屋数をカウントしない形が脱○LDK
というイメージですね。

''脱LDKとしては大きく二つの方向性があります。''

1つは、元の欧米式に習った「○ベットルーム」というように、子供部屋を寝室として
つくり、普段はリビングやファミリールーム、ワークルームという場所で過ごす住まいの形。

もう1つは、子供部屋を可変的に変化させるという形。
後者のほうは、小さい頃は、寝室+遊び場として活用し、少し大きくなると寝室として活用、
そして、大きくなった時には、寝室+勉強部屋として活用するなど、一つの例ですが可変的に
活用してきます。

ただ、''1つ懸念される''のは一人部屋での勉強です。
これも、別途コラムをつづっていますのでご覧くださいね。

八納啓造 拝

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
( 建築家 )
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「○LDK」にとらわれない間取りとは?

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/05/08 10:40

今年二人目の子どもが出産予定です。これを機に、実家(戸建て)のリフォームをしたいと考えています。そこでいろいろ調べていましたら、「○LDK」にとらわれない間取りを提案している設計士の方が… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

成長や用途に合わせてスペースを動かせる空間設計 早乙女 明子(建築プロデューサー) 2008/05/09 05:21

このQ&Aに類似したQ&A

完全同居 2世帯の2階部分リフォームについて marie1004さん  2010-06-14 22:30 回答4件
リフォームで普段も使えるパーティールームを作りたい 専門家プロファイルさん  2007-12-13 18:10 回答2件
フローリングの貼り直し sakura99さん  2014-11-03 23:47 回答2件
マンションリフォームの工期遅延について質問です。 ガンダムさん  2014-05-08 11:30 回答1件
リフォオーム会社選び方 shojyuさん  2013-04-08 12:38 回答2件