成長や用途に合わせてスペースを動かせる空間設計 - 早乙女 明子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
早乙女 明子 専門家

早乙女 明子
建築プロデューサー

- good

成長や用途に合わせてスペースを動かせる空間設計

2008/05/09 05:21

「○LDK」にとらわれない間取り、''私もよく提案してます。''

設計士としての目線で申し上げますと、お客様が、「こんな家具が欲しい」という理想を持っていることが多く、日照や通風及び導線を考慮すると、きっちり「○LDK」とするよりも、''パネルドアを動かす''だけでランダムに間取りが変えられたり、''家具を置くだけ''で空間を仕切るという方法がベストな場合があります。

''壁でしっかり仕切ってしまうことで失うものが多い''と感じます。

特に成長期のお子さんをお育ての家族の場合、個室の扱いも変化が生じるはずですから、あえて部屋割りを決めない、というのは、柔軟な考え方でとても良いと思います。

「''一般的には通路''と思われる場所だけれど、落ち着きそうな位置ならば、そこを広めに取って、お子さんの''勉強スペース''にする」

「''普通だと扉''がありそうだけれど、熱効率なども問題がない場合、家族の気配を感じられるよう''あえて仕切らない''」

「キッチンスペースとダイニングスペース、そしてテラス風のスペースは、''床の材質を変化させるだけ''で、壁を設置せず、オープンに使う。折戸を用いて必要な際はテラスのみ区別させる」

そんな間取りの提案が、''暮らしを豊かにするはずです。''

蛇足ですが、不動産の販売図面には、定められた記載事項があり、必ず間取り表記を上記のような表現でしなければならないので、(「○LDK」や「○DK」などと書かなければいけません)建売などの販売を目的とした物件には付随するものなのです。

回答専門家

早乙女 明子
早乙女 明子
( 東京都 / 建築プロデューサー )
株式会社ガウディ 代表取締役
03-3409-2601
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産取引から設計デザインまで

住まいや店舗などの空間と、真摯に向き合いたい。・・・不動産取引を数多く重ねた結果の結論。完成した空間に自分を合わせるではなく、『自分に合わせた空間をしっかりと作りたい』と考えていらっしゃる方の、お役に立てたら幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「○LDK」にとらわれない間取りとは?

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/05/08 10:40

今年二人目の子どもが出産予定です。これを機に、実家(戸建て)のリフォームをしたいと考えています。そこでいろいろ調べていましたら、「○LDK」にとらわれない間取りを提案している設計士の方が… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

本来の意味を知ると明快になりますよ 八納 啓造(建築家) 2008/05/10 00:44

このQ&Aに類似したQ&A

完全同居 2世帯の2階部分リフォームについて marie1004さん  2010-06-14 22:30 回答4件
リフォームで普段も使えるパーティールームを作りたい 専門家プロファイルさん  2007-12-13 18:10 回答2件
フローリングの貼り直し sakura99さん  2014-11-03 23:47 回答2件
マンションリフォームの工期遅延について質問です。 ガンダムさん  2014-05-08 11:30 回答1件
リフォオーム会社選び方 shojyuさん  2013-04-08 12:38 回答2件