SEO対策に縛られないでください - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

SEO対策に縛られないでください

2008/05/09 09:25

サイトの運営や新サイトの展開は、SEO対策など直近のメリットではなく、利用者の視点に軸足を置いた戦略に基づくことが大切です。



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



本来、SEOすら、マーケティング戦略として捕えるならば、検索エンジン最適化というよりも、むしろ、利用者への最適化と解釈すべきなんです。

テクニカルな考えに基づけば、既存リンクと今後追加されるコンテンツのリンク関係が生む効果は同ドメイン、別ドメイン、サブドメインでは異なり、それぞれに一長一短あります。
あえて言うと、少なくとも同ドメインでの展開はない、と考えます。
別ドメインとした場合、新サイトはエイジングにおいて不利なのは確かですね。


ただし、サイトの運営、展開は、近視眼的に捕えないほうがいいと思います。
貴社が今後、新サイトを通して展開されようとしている新ビジネスの戦略をしっかりと立て、利用者の視点に軸足を置いてください。
少し時間と手間がかかることになりますが、利用者の利便性の追求、利用者が求める情報の継続的な提供といった、利用者に向けたサイトの最適を図ることこそ、ブレの少ない、マーケティングの本質に基づいたSEOにもつながります。
ドメインに関する検索エンジンの取り扱いは今後も変化することでしょう。
ですから、SEOの側面からドメイン名を検討することは、本来、現実的ではないんです。


貴社戦略に基づいたコンテンツ展開を、長めの視点から捕え、貴社にとって運営しやすく、英語圏での利用者に馴染みやすく、受け入れやすい情報提供となるべく、サイト構築とドメイン名の選択をお考えになることが貴社にも貴社の顧客にもメリットをもたらすと思います。



ご参考になれば幸いです。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一
 

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外向け情報サイトに、「〜.jp」ではダメですか?

法人・ビジネス Webマーケティング 2008/05/08 10:40

「〜.jp」のドメインを使用して、日本国内向けに情報サイトを運営しています。今度、ターゲット層の拡大を目的として、同じサイト名(ブランド名)を使用して、海外(英語圏)向けの… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

ドメイン自体は関係あります。 小坂 淳(ITコンサルタント) 2008/05/08 20:59
戦略をどうするか? 岡本 興一(ITコンサルタント) 2008/05/09 07:56
「〜.jp」のメリット、デメリット。 山藤 惠三(クリエイティブディレクター) 2008/05/14 11:21

このQ&Aに類似したQ&A

webサイトの戦略2 さのまささん  2008-07-26 19:40 回答6件
英語・日本語サイトSEO対策 フルムーンさん  2008-04-14 11:16 回答4件
RSSはSEOに効果的? 専門家プロファイルさん  2008-03-21 17:35 回答5件
リッチコンテンツはWeb広告として有効ですか? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答2件
アクセス解析を動的サイトに導入するには 専門家プロファイルさん  2007-11-22 17:00 回答4件