戦略をどうするか? - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岡本 興一

岡本 興一
ITコンサルタント

- good

戦略をどうするか?

2008/05/09 07:56

検索エンジン対策について、気にされている様ですが、まずはサイトの内容が重要です。

具体的に、どんなターゲットに、何を訴求ポイントとしていくのか?
これを明確にすること、すなわちサイトの戦略を明確化することが重要になります。

また、それらを訴求するためには、キャッチコピーと、文章の内容が最重要項目と言えます。
英語圏に訴求するためには、英語圏の人に届く「ことば」で、英語圏の人にわかりやすい構成によりサイトを構築する必用があります。そのためにはネイティブのプロに文章作成を依頼しなくては難しいでしょう。
まずは反応率の高いサイトにすることを心がける方が効率がよいのです。
その次にSEO対策を考えます。

その際、ドメインを別にするかどうか?は、訴求ポイントから考えた、ターゲットキーワードによって判断が分かれると思います。

たとえば、既存の日本語サイトでインデックスされているキーワードと、英語圏向けでインデックスされたいキーワードが異なるのであれば、既存サイトの被リンク数の影響が低下します。
場合によっては、検索エンジンにより関連性が薄いと判断されると、キーワード出現頻度を落としてしまうということにもつながりかねません。

マーケティングの観点から言えば、ターゲットや訴求ポイントが異なるサイトになる場合は、別ドメインで別のコンテンツを作って運営する方が、自由に様々なことに取り組めることもあって運営しやすいと言えます。

英語圏に対するブランド戦略をどうするか?
まずはそこを明確にした上で検討されることをお勧めします。

ご参考になれば幸いです。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外向け情報サイトに、「〜.jp」ではダメですか?

法人・ビジネス Webマーケティング 2008/05/08 10:40

「〜.jp」のドメインを使用して、日本国内向けに情報サイトを運営しています。今度、ターゲット層の拡大を目的として、同じサイト名(ブランド名)を使用して、海外(英語圏)向けの… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

ドメイン自体は関係あります。 小坂 淳(ITコンサルタント) 2008/05/08 20:59
SEO対策に縛られないでください 谷口 浩一(Webプロデューサー) 2008/05/09 09:25
「〜.jp」のメリット、デメリット。 山藤 惠三(クリエイティブディレクター) 2008/05/14 11:21

このQ&Aに類似したQ&A

webサイトの戦略2 さのまささん  2008-07-26 19:40 回答6件
英語・日本語サイトSEO対策 フルムーンさん  2008-04-14 11:16 回答4件
RSSはSEOに効果的? 専門家プロファイルさん  2008-03-21 17:35 回答5件
リッチコンテンツはWeb広告として有効ですか? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答2件
アクセス解析を動的サイトに導入するには 専門家プロファイルさん  2007-11-22 17:00 回答4件