アピールしないことも、ひとつのアピールになります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
林 俊二

林 俊二
ITコンサルタント

- good

アピールしないことも、ひとつのアピールになります

2008/06/12 13:21

どんな仕事でも、そのパフォーマンスは必ず何らかの数値指標にできるはずです。もちろん営業なら売上や獲得件数など分りやすいですが、それ以外の業務でも上司から指示された仕事で、その『期待値』は何かを確認し、その達成度を数値で判断できる資料を自分で作るのです。

そしてポイントですが、''その資料は上司に公開しないことを前提に作成する''ということです。

自分の成果をアピールするのは恥ずかしいとしても、公開しないことを前提に、あくまでも自分自身が目標を持って働くための『指標』として資料を作れば、背伸びのない、飾りのない、本当に意味のある数値資料を作ることができます。


この作業を継続すれば、数値化した目標に向けて仕事ができるので、おのずとパフォーマンスは上がってきます。そして、たとえ具体的な成果が出なかった場合でも、その原因や改善すべき点が把握できるはずです。

この数値資料を自分のための''バックデータ''として持っておけば、上司に提出しなくても、正確に自分のパフォーマンス分析はできているわけですから、堂々と査定面談に臨めます。


アピールが得意でないと自覚しているのであれば、無理にアピールしないことです。本当に成果が出ていればアピールしなくてもいいのです。自分が思っている通りの「自己評価」の点数を提出して、あとは淡々と事実だけを面談で述べたり、相談すればいいのです。

もちろん、上司にはきちんと話さなければいけませんが、成果が出ていないのにアピールだけ上手でも見抜かれます。逆にきちんと数値目標を持った上で、きちんと仕事に取り組み、結果を説明すれば、特にアピールしなくても上司も理解してくれるはずです。


仕事の内容や上司によっても違ってきますが、自分のパフォーマンスを客観的に数値評価できれば、目先の査定だけでなく、キャリア形成にとって有効です。そして自己評価がきちんとできれば自然とアピールも上手になるものです。
 

(現在のポイント:7pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

査定面談で、上手に自己アピールしたい

スキル・資格 ビジネススキル 2008/05/08 10:40

能力給制度の会社に転職したのですが、自己アピールがうまくできずに悩んでいます。自己評価を点数で提出し、査定面談で上司たちに対して「私はこれだけのことをしました!」と自分がしたことを… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

「アピール」ではなく「情報提供」と考えて! 藤島 淑子(経営コンサルタント) 2008/05/09 23:14
自己PRの仕方とは 2008/05/16 15:47

このQ&Aに類似したQ&A

論理的思考を身につけ、実践でいかすには? 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答2件
自分の交渉能力に不安があります 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答5件
保守的な会社でやりたいことを実現するには? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答4件
上司への説明、プレゼンの仕方について 062s2046さん  2011-08-30 18:09 回答5件
クールビズファッションの注意すべきポイント 専門家プロファイルさん  2008-07-10 11:55 回答2件