ぜひIFAのご利用を - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ぜひIFAのご利用を

2008/05/09 00:12

IFA(Indipendent Financial Adviser)とは、特定の金融機関には属さず、独立・中立の立場で投資家の資産運用を継続的にアドバイス・サポートするフィナンシャル・アドバイザーのことです。

平成16年4月に証券仲介業制度がスタートしたことにより証券仲介業者に属したIFAを通して金融商品の売買ができるようになりました。

現在、投資信託の残高はアメリカ1200兆円、日本70兆円となっていますが、アメリカでの投資信託の購入経路は大体、
・インタ-ネット  50%
・従来型の金融機関 30%
・IFA      20%  
となっているのに対して、日本の投信の販売経路はほぼ従来型の金融機関(証券会社、銀行、郵便局)となっています。金融機関経路ではどうしても自社の商品、営業方針に縛られてしまうことが考えられ、真にお客様のためのアドバイスが得られるのか、若干不安な面はあります。

IFAはまだまだなじみがないかもしれませんが、金融機関の商品、営業方針に縛られることのない、個人投資家の側に立った資産運用のアドバイザーとして、今後、一般に浸透していくことが期待されます。

また、多くのIFAは個人で活動していることから、土日、夜間でも対応する方が多いと思います。

お金を増やすためのキーワードとして
・分散投資
・長期投資
・専門家の活用
の3つがありますが、「専門家の活用」としてぜひお近くのIFAをご利用ください。

ラップ口座で高い報酬(1000万円では各社大体年率2〜3%くらい)を支払うのは、IFAにご相談いただいてからでも遅くはないと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ラップ口座

マネー 投資相談 2008/05/07 20:14

最近ラップ口座の話をよく聞きますが、私みたいな平日に時間が取れない人間が、長期的な運用を考えた場合、有効な手段でしょうか?手元には1000万円以上のすぐ必要とならない資金があります。

SOEさん (愛知県/42歳/男性)

このQ&Aの回答

微妙です。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/07 21:02
インデックスファンド購入が手間要らずです 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/07 21:56
資産運用は、自己責任で 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/07 23:48
ラップ口座だけではないですね。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/07 21:48
運用は自分でした方が楽しく役立ちます! 前田 紳詞(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/09 09:57

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
特定口座の源泉徴収 とぽとぽさん  2008-12-02 00:53 回答2件
投信を始めるにあたって Godzillaさん  2008-07-11 19:07 回答5件
投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
資産の運用について bananaman1009さん  2013-04-12 19:32 回答1件