Re:クッシング症候群について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

Re:クッシング症候群について

2008/05/08 11:36

ACTH刺激試験は、多飲多尿・腹部膨満・脱毛などの特徴的な症状と、血液検査・尿検査全部を考慮し、クッシング症候群の疑いが高い場合に行います。しかしこの試験のクッシング症候群の検出率は80-85%と言われており、残りの15-20%は見落とされる可能性があります。この理由は、クッシング症候群の動物が示す値と正常動物の値の範囲が若干重なるためです。さらに検査結果は検査機械が異なることにより、値に多少のズレがでてきます。
今回のような場合では再度ACTH刺激試験を検査を行うか、さらに精度の高い「低用量デキサメサゾン抑制試験」を行うことをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

クッシング症候群について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/04/24 21:27

13歳のダックスです。毎年2回健康診断受けていて、
今年の初めにクッシング症候群の疑いありと言われてて多飲多尿がひどくなり再度検査(血液検査・ACTH刺激試験)してもらうと数値が上がっていて『副腎皮質機… [続きを読む]

ダックママさん (大阪府/40歳/女性)

このQ&Aの回答

どちらの病院? 2008/04/25 20:52

このQ&Aに類似したQ&A

ステロイド治療後の膵炎 moai0811さん  2015-02-23 15:24 回答1件
老犬の手術 らぶママさん  2013-05-22 13:58 回答1件
脳腫瘍とALT数値 nacotongさん  2009-10-01 20:32 回答1件
肝臓の数値が高いと言われました。 guzugonさん  2009-05-27 03:55 回答2件
結石除去、避妊術後に腎不全で死亡しました ひめたろうさん  2008-01-22 12:22 回答1件