賃貸併用住宅を建てるポイント - 寺岡 孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

賃貸併用住宅を建てるポイント

2008/04/25 01:24

アネシスプランニングの寺岡と申します。


賃貸住宅の基本は、建築コストを出来るだけかけないで、戸数を多くして賃料を若干高めにすることです。
しかしながら昨今の市場環境から、一定の設備・仕様を必然的に備えていないと入居率が確保できませんし、募集業者も嫌がります。

オートロック、防犯ガラス、玄関ドア二重ロック、インターネットのブロードバンド回線、ガスコンロ付きシステムキッチン、追炊き給湯機、エアコン1台、シャワートイレ、洗髪器付き洗面、など多々ある設備・仕様をつけることになります。
現在では「まだいらないのでは?」と思っていても数年後には当たり前になっているわけで、このあたりをよく見極めて、将来入居率が下がらないように工夫すべきですね。

建物の構造等はおそらく防火・準防火地域でしょうから耐火建築物で考えることになるかと思います。
一般の建築業者のほかに、そこそこのデザインであればハウスメーカーでも可能です。


間取りは1K、1LDKがメインで広さは30〜40平米前後ができると理想的です。シングル、もしくは少し狭くても2人で住めるというのがいいと思います。
ファミリータイプは、エリア的にニーズがなければ考えない方がいいでしょう。
23区内であれば、立地条件が多少悪くても上記のような設備等があれば、賃料を少し下げたものにしておけばほぼ満室になるでしょう。

最終的に収支がどの程度になるか、また自宅費用を除いて賃貸部分でどの程度の利回りを希望されるかがポイントになるでしょう。

いくつかのシュミレーションを作成して検討することをお勧め致します。


以上、ご参考になれば幸いです。

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
( 東京都 / 建築プロデューサー )
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

賃貸併用住宅を建てるポイントと入居率アップのコツ

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/04/24 11:32

東京都内の下町(中央区)に住んでいます。周辺でも賃貸マンションへの建て替えが増えており、この度老朽化した自宅の一軒家を賃貸併用の住居として改築を検討しています。ついては… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

付加価値のある賃貸マンションを 斉藤 進一(建築家) 2008/04/24 20:16
他にない魅力 八納 啓造(建築家) 2008/04/29 09:28

このQ&Aに類似したQ&A

賃貸併用住宅建築での、プライバシーを守るポイントは 専門家プロファイルさん  2007-11-08 10:44 回答4件
賃貸併用住宅のメリット・デメリット 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答4件
スタート段階で初歩的な質問ですが・・・ kazu_0313さん  2008-07-09 19:00 回答4件
「オール電化」住宅のメリットと注意すべき点は? もねさん  2007-07-04 16:23 回答12件