ものづくりの現場にこそ情報の宝がある - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

ものづくりの現場にこそ情報の宝がある

2008/04/23 18:17

セミナー/講演で、製造業/加工業の経営者からよく耳にするのは、


   「情報の提供において、、BtoBは差別化しにくい」


という声です。



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



確かに、消費者の動向を肌で感じられるBtoCサイトに比べ、BtoBサイトには個性が感じられないケースが多いいようです。

ですが、これは間違いです。
むしろ、ものづくりの現場にこそ差別化できる情報があると私たちは考えています。



貴社サイトを見る相手企業も、当たり前のことですが「人」です。
もちろん、今回のきいすさんのご質問にある、「若い人とくに大学生にアピールできるような・・・」についても同じことが言えます。

気持ちが喚起されたり、共感して、アクション(TELしたり、資料請求したり)を起こすまでのプロセスにはBtoCもBtoBも違いはありません。

NHKの人気番組だった「プロジェクトX」を思い出してください。
人が共感し、感動する理由は、案外、足元にあるいっけん地味な情報に秘められたりします。
大切なことは、差別化できる情報の原石を見つけ出し、磨きをかけることができるか否かです。

企業への信頼感、共感、好感を生み出すには情報にある種のメカニズムが必要です。
貴社の現状をよく理解し、Webの特性とメリットを享受できるような戦略立案を貴社とともに行っていけるパートナーとしての制作会社を見つけ出すことを意識してください。


  1.現場に出向き多面的にヒアリングができる
  2.見落とし勝ちな課題、問題点を浮き彫りにできる
  3.戦略上有効な価値を引き出すことができる
  4.信頼と共感を生み出す情報を形にできる 


ような制作会社が理想です。



ご参考になれば幸いです。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一
 

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ホームページのリニューアルについて

法人・ビジネス ホームページ・Web制作 2008/04/23 17:25

会社(製造業)のホームページのリニューアルを検討しております。現在のHPは社内で作成したもので、会社の製品や業務内容を紹介することがメインなのですが、やはり若い人の目にとまって、見て頂く… [続きを読む]

きいすさん (茨城県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

QCDのバランスをチェック 小坂 淳(ITコンサルタント) 2008/04/23 17:33
ホームページ制作の5つのポイント 藍原 節文(経営コンサルタント) 2008/04/26 10:37
どの部分を外注するのかを切り分けてみては? 岡本 興一(ITコンサルタント) 2008/04/23 19:28
マッチングサイトの活用も良いかもしれません 竹波 哲司(Webプロデューサー) 2008/04/23 22:29
総合的な面からアプローチできる業者選びを 伊藤 章裕(システムエンジニア) 2008/04/24 01:58
問題解決、提案ができる制作会社を 武本 之近(Webプロデューサー) 2008/04/24 10:27
失敗しない、デザインリニューアル。 ウジ トモコ(アートディレクター) 2008/05/06 23:12

このQ&Aに類似したQ&A

ウェブデザイナーとして新卒で就職するには? ろごろえさん  2012-07-12 18:09 回答1件
ウェブ制作契約を打ち切られました。 tg201さん  2012-06-01 23:05 回答2件
サイト制作を依頼する際の提案依頼書について andy3さん  2010-08-18 18:05 回答7件