職種名を限定せずに、実務内容で考えては? - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

職種名を限定せずに、実務内容で考えては?

2008/04/18 12:30

こんにちは。キャリア・カウンセラーの土岐優美です。

長いこと一社で働いてこられたのですね。お疲れ様でした。
また、在職中の資格取得、こんなときに力になりますね。

どんな職種も、企業によって実際の担当範囲、経験内容は違うもの。サザエさんの経験した営業事務が実際どんな範囲なのかによりますが、請求・支払い管理、売上・売掛金管理、在庫管理、予算策定・管理、経費管理など、経理と密接な関係のある業務や経理業務の一部まで担当されたはずです。

経理部に所属し、経理職として勤務していなくても、その一連の流れの中にいて、実務の一部は経験しているのです。その上、現場を知っていることは強み。直接部門の営業での経験、その視点は、間接部門、机上での経理で役に立ちます。営業担当者からも感謝されるはず。

営業事務か、経理かではなく、サザエさんは「営業事務経験を活かしての経理」ができます。「一から経理をやる」わけではありません。応募の際には、経験を棚卸して、経理に活かせる部分を強調した表現で、応募書類を作成し、面接対策を立てましょう。

募集要項をみるときには、職種名に囚われず、実際に何をどこまでやるのか、自分にできるのかで判断してください。小さい事業所なら、経理も営業事務も一人でこなすことはザラ。規模に限らず、会計システム導入で事実上はデータ入力程度とか、会計事務所が月次監査、決算をするなら入出金管理で済むことも。分業が進んでいるなら、部分的ですし。一般事務、営業事務、経理事務と書いてあっても、実際の内容は同じのことさえ。

人材紹介会社や転職サイトに登録する際には、自分の経験と希望職種との関連性、そこでの強みを伝えて、広範囲の検索条件で探しましょう。

在籍中なら、(財)産業雇用安定センターも活用できます。

サザエさんのこれまでの経験は全部、今後につながります。これは、ご主人も同じこと。
今後のお二人のご活躍をお祈りいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リストラ後の

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/04/17 14:01

38歳高卒で入社以来住宅会社の正社員で営業事務として働いていました。このたび会社が住宅部門を閉める事になりリストラ退社することになりました。また悪いことに夫も同じ会社で働いておりました。転職するにあたり子… [続きを読む]

サザエさんさん (福井県/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

キャリアプランのご相談ついて デンハムさん  2014-10-02 14:10 回答1件
転職か、現状維持か。 ちみゆささん  2012-08-17 12:12 回答1件
45歳 やりたい仕事が定まらない こぼねさん  2009-09-27 22:13 回答2件
今後のキャリアと家庭の両立について ちらしさん  2009-08-15 16:03 回答2件