お互いよく話し合いましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お互いよく話し合いましょう

2008/04/12 13:08

こんにちは 穂さん。

コンサルタントの若宮光司です。

本来は事業をスタートする前にいろいろなケースを想定してお二人が契約書を交わしておけば良かったと思います。
しかし、契約書を交わしていないのであれば出資金のやりとりも紙面でされていないはず。
ならば、お互いがよく話し合って清算するしかないのです。

>出資金は全額返済する必要がありますか?
<
基本は全額返済です。

しかし、急な話で返済が難しい状態なのですから、穂さんが言われるように返済を猶予してもらったり、分割返済にしてもらったり、一部放棄してもらったりする必要があります。

これと決まった方法はありませんのでお互いがよく話し合うしかありません。

もう一つの方法として、
返済する700万円+アルファの資金を金融機関から融資を受けて返済する方法もあります。

国民生活金融公庫が創業者支援融資をしていますし、各都道府県市の制度融資を活用するのも一案です。

下記に国民生活金融公庫のホームページのアドレスを掲載しますので参考にしてください。

http://www.kokukin.go.jp/

http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/loanj_c.html

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

共同経営からパートナーが脱退

法人・ビジネス 独立開業 2008/04/11 21:06

友人と2人で喫茶店を共同経営しようと考え、お互い700万円ずつ出資して店舗を借り、リフォームも済ませました。出資金については、何の取り決めも契約書も交わしませんでした。ところが、いざ開店という… [続きを読む]

穂さん (兵庫県/28歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

喫茶店とネイルサロン みんたさん  2012-02-13 02:52 回答3件
業務委託契約書における賠償項目について m_mさん  2011-09-16 19:27 回答1件
個人事業主が友人と別の事業を開始するには CoA-Jinnさん  2009-08-09 16:30 回答1件
バーを経営するにあたって elsさん  2008-03-22 19:55 回答2件
完全歩合の営業マンとの契約書 sasaki1122さん  2013-06-22 09:27 回答1件