弁護士さんにご相談されてみてはいかがでしょうか - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弁護士さんにご相談されてみてはいかがでしょうか

2007/01/12 11:41

マイマイさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
CFPの古井佐代子です。

抵当権が設定できるのは登記や登録制度がある物や権利だけだと思いますので、難しいのではないかと思いますが、抵当権は民法で規定されている内容ですので、弁護士さんにお尋ねいただくのがいちばん確実だと思います。
その際、お母さまの生命保険の契約者、被保険者、受取人が誰になっているのか等、詳細を明らかにしてご質問なさってください。

資金繰りが思わしくないとのこと、ご家族としてもご心配のこととお察しいたします。
税理士さんや中小企業診断士さんなどの意見も伺ってみられるのもいいのではないでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険を抵当に入れることができるか

マネー 生命保険・医療保険 2007/01/11 19:35

実家の弟のことでご相談します。父の会社を継承しましたが、業績がおもわしくなく、現在資金繰りに苦しんでいます。銀行の借入金がありますが、母の終身の生命保険が1,500万円あります。
その保険金を抵当に入れ、母の生存中は1,500万円を差し引いた残額の返済にしていただく、ということは可能でしょうか?

マイマイさん (大阪府/34歳/女性)

このQ&Aの回答

生命保険の抵当権について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/01/15 13:35
契約者貸付の利用 2007/01/12 19:19

このQ&Aに類似したQ&A

死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
生命保険が適当であるかどうか・・・ よちままさん  2008-11-07 21:20 回答3件
保険での資産形成について ひろひろりんさん  2013-01-11 03:19 回答2件
長割終身と長割定期について ジュウザさん  2012-09-26 13:33 回答2件
主人の生命保険の必要保障額は? hobokenさん  2012-03-19 02:09 回答2件