「くらしを守る」という観点からのアドバイスです。 - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

「くらしを守る」という観点からのアドバイスです。

2008/04/03 15:44
(
3.0
)

若菜様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件、今は、ご主人の年収が比較的高いので、安心ですが、オーバーワーク等で、万一、ご主人が働けなくなった場合のリスクにも備えておきましょう。

保険で備えるなら、“長期所得補償保険”などが考えられます。

長期所得補償保険とは、病気等で働けなくなった時の所得を長期で補償してくれる保険です。一般の医療保険との違いは、退院後、自宅療養に入ったケースでも所得補償が受けられる点です。

運用で備えるなら、“長期国際分散投資”などが考えられるでしょう。

例えば、今ある貯蓄のうち1000万を、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の各資産クラスに分散投資をして、元本を損なわないようにリスクコントロールしながら、年5%の複利運用ができたとしたら、30年後には、約4322万になります。一方、年1%の複利運用ですと、約1348万、その差は、約2974万です。
※但し、税金・手数料を考慮せず、期間中の運用利率は一定と仮定します。

今は、昔と違って、元本保証で年5%の複利運用はできないため、将来の年金目減り等から“くらしを守る”ためにも、この運用手法は、必須と考えております。

あらゆるリスクを想定して、“くらしを守るマネー管理”を実践されてください。

以上、ご参考にして頂けると、幸いです。

補足

若菜様

情報を読み落としていましたが、住宅ローンの残高が結構あるようですので、住宅ローンの繰上返済を優先された方が、効果は確実です。長期国際分散投資は、家計全体のバランスを考えながら、ご検討いただくようお願いします。

評価・お礼

若菜 さん

回答ありがとうございます!

長期所得補償保険という、保険は以前入っていました。しかし、転勤などで収入が減ってしまった時期があり解約してしまいました。
確かに、激務で体調が心配です。
もう一度、主人と話し合ってみます。

長期国際分散投資も、初めて聞く言葉でこれも勉強してみて考えたいと思います。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計診断お願いします。

マネー 家計・ライフプラン 2008/04/02 23:02

私は、現在27歳です。結婚6年目。
結婚は、21歳と早かった為まだまだ家庭での家計の仕方もわからないまま今までやってきました。

ここで、専門家の皆様に意見を聞きたく投稿させて頂きました。

収… [続きを読む]

若菜さん (奈良県/27歳/女性)

このQ&Aの回答

毎月入出金の精度を上げていきましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/03 03:58
家計診断です 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/03 08:33
家計診断の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/03 20:52
どうでしょうか? 2008/04/03 14:04

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断 だいだいのおかさん  2009-02-06 16:16 回答6件
家計診断をお願いします ひよこ5さん  2013-04-12 14:26 回答2件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
毎月赤字で貯金ができません めぐぱそさん  2007-07-18 13:46 回答4件