残念ながら扶養にはなりません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

残念ながら扶養にはなりません

2008/04/01 12:16
(
5.0
)

こんにちは やまだんさん。

コンサルタントの若宮光司です。

お母さんの年齢から計算する公的年金の雑所得は、

年金支給額    公的年金控除額  雑所得額
160万5千円 - 120万円 = 40万5千円

となり、扶養者の要件である所得38万円以下の者に
2万5千円オーバーとなり、残念ですが該当しません。

>社会保険庁のホームページを見ても、記載してある158万円は額面なのか実収入なのかはっきり分かりませんでした。
<
この158万円とは、上記計算式の年金支給額(介護保険料控除前)です。

ちなみに、お母さんは所得額40万5千円から介護保険料を所得控除として引き、
さらに基礎控除額38万円を引くと所得税の課税所得は発生しません。
(住民税の課税所得が3万円となります)

評価・お礼

やまだん さん

残念ですが、理解できました。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

確定申告について(当方自営業です。)
扶養親族の同居老親についてお伺いします。
77歳の実父、75歳の実母と同居しています。
父の年金支給額面は240万程度で扶養できないことは… [続きを読む]

やまだんさん (長野県/46歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

配偶者の扶養に入っている場合の税金について かなかな。さん  2008-08-20 08:21 回答1件
確定申告 国民健康保険の金額入力 kidさん  2008-01-10 10:00 回答1件
子供の扶養について。 カピバラさん  2016-10-17 12:18 回答1件
年度途中の退職と確定申告について エイムーさん  2013-10-31 01:20 回答1件
扶養の取り消しについて。 bunoさん  2012-12-03 16:29 回答1件