扶養の件について回答します - 岡崎 謙二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養の件について回答します

2008/03/28 20:44
(
3.0
)

こんにちわ。株式会社FPコンサルティングの岡崎です。社内にいる扶養経験者の社会保険労務士に確認して回答致します。
一般的には「年収150万円〜180万円以上」なら扶養はいるよりよいといわれています。
妻の年収が103万円を超えると配偶者控除が適用されなくなり、配偶者特別控除の適用になります。その配偶者特別控除が受けられるのは年収141万円までです。

一般的には、年収が130万円未満の場合は、健康保険扶養(健康保険の被扶養者)になれます。(例外)「1日の勤務時間と1ヶ月の勤務日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上であれば妻本人の勤務先の健康保険と厚生年金に加入しなければならない」

健康保険と厚生年金に加入しますと、最低でも150万円程度に年収を増やさないと、手取りが健康保険と厚生年金の保険料の負担分を上回ることができなくなります。よって扶養を外れるなら150万円がおおよその条件となります。
 
無理せず130万円未満に押さえた働き方とするか、または働くなら200万円台あるいはそれ以上を目指しましょう。
収入が増えると、保険料と税金を払ったとしても、手取りがそれ以上に増えますし、何より65歳以降の厚生年金受給額が増えるメリットがあります。

ご主人の収入なども含めてライフプランを立ててみましょう!

評価・お礼

亜子 さん

岡崎様、こちらもありがとうございました。
制度の大体のところは調べていましたが、上にも書いたように我が家で違ってくる実際の金額が知りたかったので質問させていただいた次第です。
市役所や税務署に聞きながら、何とか自分なりに試算することができました。
加えて将来の年金受給見込み額も計算できたので、これらを参考に線引きしていきたいと思います。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養を出るか検討しています

マネー 年金・社会保険 2008/03/28 18:47

(はじめに、先の質問でお答えいただいた3人の皆様、ありがとうございました。)

結婚のため勤め先を退職しています。これまでは正社員で働いていましたが、子供が欲しいこともあり、失業手当(待機期… [続きを読む]

亜子さん (広島県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

失業保険と扶養について tomokodonさん  2009-04-14 04:20 回答1件
派遣社員の妊娠 MINAHIROさん  2008-05-13 12:51 回答1件
妊娠による退職で、出来るだけお金をもらう方法 グレープさん  2008-07-25 19:51 回答1件
失業給付金受給中の専業主婦の扱いについて まぐろんさん  2008-02-07 21:58 回答1件