根底にあるのは、ブランド戦略に対する考え方です。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

根底にあるのは、ブランド戦略に対する考え方です。

2008/03/30 16:31

IRサイト/商品サイト/コミュニティサイトを作る作らない、そして、それらを分割する/しないは、ブランド戦略次第です。


こんにちは。
チームデルタの谷口です。


特に、情報量、商品/サービスカテゴリ数、企業規模が大きくなるほど、役割分割に結びつく傾向にあるかもしれませんね。

ネットショップのみを経営する企業ならば、企業情報よりも、インパクトのあるサイト名/ドメイン名で認知を図り、商品の有用性を伝えることが最優先です。
Yahoo!(R) JAPANは、サイト名/サービス名であり、社名ではありません。
企業情報については地味にサブドメイン化しています。
サービス名と企業名がほぼ同一ワードで認知されているから、これで問題ないのかもしれませんね。

松下電器産業(既にpanasonic.co.jp !)は、IRサイトに加え「ナショナル/national.jp」と「パナソニック/panasonic.jp」両ブランドを擁し、それぞれのサイトに商品情報を展開しています。
両ブランドは、十分に認知され、ブランドイメージに基づいた棲み分けも計られています。

ソフトバンク(softbank.co.jp)は、移動体通信事業、BB事業、固定通信事業、メディア事業など幅広く手がけています。
今、この企業を象徴する移動体通信は、softbank.jp というドメイン。
固定通信事業は、softbanktelecom.co.jp。
BB/イーコマースは、softbankbb.co.jpと、異なっていてもグループ各社の事業の多くが、ドメインに”softbank”を含め、例のロゴの下、ブランド構築を進めているようです。

ブランドが一人歩きしている松下と、グループアイデンティティーの統一を計ろうとするソフトバンクとでは、ブランド戦略に違いがあり、その結果、ドメインの展開も影響を受けているように見受けられますね。


ブランド戦略がもたらす結果として、ドメイン分割や複数サイト運営は今後も増えると思います。


成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一
 

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

コーポレートサイトと他サイト、複数サイトを持つ意味は?

法人・ビジネス Webマーケティング 2008/03/28 14:01

コーポレートサイトとコーポレートサイト以外にターゲットを絞った販売サイト、情報提供型の専門特化ホームページを持つ企業がありますが、複数持つことの意味を教えてくださ… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

昨今は分野ごとにサイトを立ち上げる方法が主流です。 五十嵐 佳則(Webプロデューサー) 2008/03/28 16:35
メリットは大きいです。 小坂 淳(ITコンサルタント) 2008/03/28 17:13
運営の仕方により様々なメリットがあります。 武本 之近(Webプロデューサー) 2008/03/28 18:49
ブランディングなのか、プロモーションなのか ウジ トモコ(アートディレクター) 2008/03/28 20:59
ユーザーに優しいサイトに 岡本 興一(ITコンサルタント) 2008/03/28 21:20
複数サイトを持つメリット! 山藤 惠三(クリエイティブディレクター) 2008/04/09 09:14
目的別にドメインを分ける必要性は大いにアリ! 藤田 匡史(Webプロデューサー) 2008/04/12 18:25

このQ&Aに類似したQ&A

webメディアの編集戦略について〜特化か集積か〜 michiruさん  2007-06-18 23:51 回答18件
新商品、インターネットでの効果的な販促とは? 専門家プロファイルさん  2008-09-11 11:37 回答7件
更新できていないサイトは閉鎖すべき?リニューアルすべき? 専門家プロファイルさん  2008-08-14 11:50 回答15件
コンバージョンをあげる施策を教えてください 専門家プロファイルさん  2008-09-11 11:37 回答11件
webサイトの戦略2 さのまささん  2008-07-26 19:40 回答6件