M&Aでの会社売却という選択肢もあります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

M&Aでの会社売却という選択肢もあります

2008/04/02 14:27

 創業者としての後継者選びのお悩み、よく理解できます。後継者が身内か社内の実力者にするかという選択は、経営力のみではなく現状の経営において金融機関よりの借入金の連帯保証の解除の問題があります。特に、親族以外の社内の実力者を後継者に選択した場合、連帯保証の解除は難しく創業者の経営力との格差は大きく、サラリーマンとしての気持ちが抜けず経営内容が悪くなる事例が多いのです。
 経営内容が良い状況であれば現状でのM&Aでの会社の売却ということも選択肢の一つと思います。中小企業のM&Aは、ほとんどの場合、全社員の雇用維持が一条件となっていますので、社内実力者、身内と共に継続して雇用維持が可能となり、また株式を現金化すると同時に経営の継続も可能となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

後継者を、血縁ではなく社内実力者へ変えるべきか

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2008/03/28 14:01

従業員120人ほどの製造・販売の会社を経営しております。経営状態は良好です。後継者には息子をと考え、教育してまいりましたが、ここ数年、私から見ると経営者として素質がないので… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

原則は実力者 2008/03/28 18:51

このQ&Aに類似したQ&A

息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
会社の分割について pasha-aさん  2010-08-03 05:45 回答3件
親の会社の承継について hadukifutsunaさん  2009-07-17 12:44 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件