ウレタンでなければダメですか? - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

ウレタンでなければダメですか?

2008/04/24 20:03

こんにちは。シーズ・アーキスタディオの白崎です。

ヒートブリッジのことを知っていらっしゃるというのはすごいですね。でも、木造でそれを気にするのは神経質かと思います。
問題になるヒートブリッジ現象は、
外壁仕上材を金属の下地でとめるときや、
鉄筋コンクリート造で外壁側の梁や柱で内断熱が切れたところ、
について生じやすいことが知られています。
たとえば金属下地でヒートブリッジが懸念されるときは、木下地に切り替えることがあります。
(耐火性能のことを無視すれば)
木はそれだけの断熱効果があるし、吸湿効果があるからです。
たとえばログハウスは丸太の木を積んでいくだけで、外壁に断熱材は一切使いません。それでも結露しないことがよく知られています。

また、ウレタンに限定しているのも、私からすると何故だろうと疑問がわきます。
広く普及しているグラスウールとウレタンの断熱性能にどれだけの差があるかというと、

グラスウールの性能の低いもの(10K)とウレタンの差は約7割。
グラスウールの性能の高いもの(24K)とウレタンの差は約4割。

ということは、80ミリのウレタンと同等のものがグラスウール24Kの115ミリということになります。
さらに、天井裏に敷き込むことができるので、気にされているヒートブリッジはほとんど解消されます。
ただし、115ミリというグラスウールは既製品ではありません。50、75、100になります。100ミリで我慢するか、50+75の2枚敷きのどちらかだと思います。

takiさんの「お勧めの製品があれば教えて戴きたい。」という要望には応えられませんが、断熱に関しては以上のような考えを持っております。 参考になれば。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材の選択

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/03/28 08:48

断熱材の選択に悩んでいます。
屋根断熱で、硬質ウレタンの80mmか、発泡ウレタンかで迷っています。硬質ウレタン(吹き付けではなく、パネル状のもの)でお勧めの製品があれば教えて戴きたい。
また、屋根耐火野地板に… [続きを読む]

takiさん (大阪府/36歳/男性)

このQ&Aの回答

遮熱ルーフ 2008/03/28 20:05

このQ&Aに類似したQ&A

断熱材の選択 Dutraさん  2016-09-12 23:30 回答1件
断熱材(高性能グラスウール)とは? hanabida51さん  2013-07-18 18:56 回答1件
断熱材 kei4085jpさん  2014-03-29 10:31 回答1件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件