会社を作るにあたって - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
須藤 利究

須藤 利究
経営コンサルタント

- good

会社を作るにあたって

2008/04/02 16:35

こんにちは 利究です。

ご質問に対しどこまでご希望に沿えるか分かりませんが
かつて同じ東南アジアの方の日本での法人設立に係わったことがありますが、

非居住者が日本で法人を設立するには、非居住者単独ではできません。
日本国籍を持つ人との共同代表の形になります。

日本法人を設立したら場合のことですが、親会社・子会社の関係はあったとしても、仮に出資が100%非居住者だとしても、株主と会社は別ものです。船で輸入する場合であれば、船荷証券を受領して荷物を受け取った時点で所有権は日本法人に移ることになります。ケースによっては外国為替の手続きも必要になるやに思います。
故に、商品の仕入れには通常資金の授受が必要になると思われます。

ただリスクは無く、個人での資金は用意がないということになれば、販売代理店のようなフィービジネスに特化した方がリスクはないでしょう。商品が順調に販売できるかどうかのリスクもありますが・・・
会社を作るとなると設立費用だけでも時間とお金は結構かかると思います。

 私も起業の相談は何件か経験があります。IT関連の20代の若者が多かったですが、まずお話をするのが、「遠く高くまで飛ぶためには、助走期間が必要なこと。」
つまり資金もある程度(設立から向こう1年間必要な資金の1/3)のストックと企画や商売の形態などがきちんと決まっているかを良く聞きます。
自己資金を1/3としたのは、公的な資金で自己資金の2倍の借入の可能性は高いからです。

今回の質問では海外の取引先ということ。マレーシアから輸入すること以外具体的なことは不明ですが、
自己資金の用意少なく、リスクを最少にというのは、余りイメージが湧かないのが実の所です。
                                     以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

会社をつくるにあたって

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/03/29 15:56

現在の仕事で海外の取引先がありまして、その会社と個人的に商売をしたいと思っているのですが、その形態をどうするかで悩んでいます。仮に海外の取引先の100%出資の日本法人を設立した場合に、商品の仕入れ… [続きを読む]

起業したいさん (愛知県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

海外総代理店(Distributor)の役割について KZyukiさん  2015-08-20 13:29 回答1件
不動産を購入するのは個人がいいか法人いいか? kaikai1さん  2009-11-01 21:03 回答2件
法人が銀行から事業資金を借り入れる場合 happyretireさん  2009-07-08 21:53 回答1件