噛み癖・威嚇について - 小川 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

- good

噛み癖・威嚇について

2008/03/31 19:29

コーギーは椎間板の問題が出やすいので、もしかしたら体に何か異常があるのかもしれないのでまずは獣医さんに診てもらってください。
ハーネスを着けたり外したりする際に体に痛みを感じ攻撃的になったのかもしれません。

そのような場合は何より治療をして痛みを軽減することが大切なので、獣医さんで調べてもらうことをお勧めします。

もし体の異常がないならば、「噛んだり威嚇すれば嫌なことから逃れられる」と覚えてしまったのでしょう。
ただ、この直し方については文章だけでお伝えすることはできません・・・。
ですが、出張のトレーナーさんやしつけ教室でも手立てがないようなので、何とかここだけでお伝えできることをアドバイスいたします。

しつけのコツは''「して欲しくないことはさせないこと」''と''「して欲しい行動を褒めること」''です。
つまりhitomiさんのケースでは、「いかに威嚇的な行動を引き出さないようにすること」と「攻撃的でない状態を褒めること」がポイントです。

まず、攻撃的になる状況ではおやつを使って“良いこと”と結びつけるようにします。
今は胴輪や口輪をつけることで体に触られること自体が嫌になっていると思うので、体を触ることから練習してください。
体を触るたびにおやつを与え、「体を触られるとおやつがもらえる(=良いことがある)」と教えます。

もうひとつ大切なことは、''「褒めまくる」''ということです。
褒めることによって犬の恐怖心・警戒心は軽減しますので、褒めながらおやつをあげてください。
また、どんな場面でもワンちゃんが良い状態(=攻撃的でない状態)だったら、どんどん褒めてください。

ここでお伝えできるのはこの程度なので、できれば口輪などを使わない専門家を探してアドバイスを受けてください。
4歳までは噛みつくことはなかったのですから、適切に対処をすれば改善するはずです。
ぜひ良い専門家を探してみてください。

回答専門家

小川 亜紀子
小川 亜紀子
( しつけインストラクター )
Dog Signal

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

噛み癖・威嚇について

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2008/03/24 21:11

コーギーの5歳オスの噛み癖・威嚇について困っております。

1年ほど前から胴輪を外す際に噛み付いたり威嚇したりするようになりました。
最初に噛み付いてから最近までの約1年間で、散歩中すれ違う犬に吠え… [続きを読む]

hitomiさん (北海道/32歳/女性)

このQ&Aの回答

噛み癖・威嚇について 中西 典子(しつけインストラクター) 2008/03/26 09:28
環境の変化 2008/03/26 13:34
緑内障でした 2008/04/07 10:08

このQ&Aに類似したQ&A

他の犬にたいして威嚇する mamamomoさん  2015-02-17 11:49 回答1件
成犬のトイレトレーニングについて あかねさんさん  2015-08-17 00:40 回答1件
一人遊びができない6か月の子犬について ここあパンさん  2013-11-19 16:02 回答2件
唸って本気噛みする1歳のトイプードル レモンティーさん  2012-06-01 04:58 回答2件
犬の赤ちゃん返り?それとも嫉妬行動? bijouさん  2012-03-03 14:55 回答1件