防湿気密シートの施工と通気層工法の採用が前提です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

防湿気密シートの施工と通気層工法の採用が前提です

2008/03/24 21:47
(
5.0
)

厳寒の北海道で100年耐久の高性能木造住宅を手がけている
勇和建設(株)の齋藤です

在来木造構法の柱間に断熱材を充填する工法は
「内断熱」ではなく、正しくは、「充填断熱工法」と言います

充填断熱工法の場合、断熱材は、グラスウール、ロックウール、羊毛ウール、
ポリエステルウール(ペットウール)、紙断熱材などがあります
これらは、マット状(布団状)断熱材です
これらの他に、吹き込み断熱材として、グラスウール、ロックウール、セルローズファイバーなどがあります
共通しているのは、繊維系断熱材であるということです
繊維系断熱材の壁内結露を防止し、断熱材の性能を十分に、
長期安定的に発揮させる為には、断熱材の室内側を防湿気密シートで覆うことと
断熱材の外側(=柱の外側)、透湿防水シートや透湿性のある合板類などを張って
通気層工法を採用することです
厳寒の北海道では、この施工が常識であります
これを守れば、使う断熱材は、原則、なんでもOKです

依頼される工務店さんに「防湿気密シート施工」「通気層工法」を必ずお願いして下さい

セルローズファイバーや羊毛ウールの場合
グラスウールやロックウールなどと違って、繊維素のものに吸放湿性能があるので
「防湿気密シート施工」が少々荒っぽくても、通気層工法が確実に施工できていれば
壁内結露のリスクは小さくなります

「デコスドライ」というセルローズファイバー吹き込み工法では
ダイライトという透湿耐震合板による通気層工法を併用して
室内側防湿気密シート施工が省略できるという認定を取得しています
http://www.decos.co.jp/index.html
「防湿気密シート施工」に慣れていない工務店さんなら
「デコスドライ」がオススメですね

「防湿気密シート施工」に慣れた工務店さんなら、ローコストのグラスウールで大丈夫
この場合、マグというメーカーの「Q-BEST工法」を採用して頂くと高性能です
http://www.mag.co.jp/pro/kouhou/qbest/

評価・お礼

ドクターかいち さん

回答ありがとうございます

非常にわかりやすい回答でありました。
Q-BEST工法が出来るかどうか工務店に確認してみます

ありがとう御座いました

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

内断熱工法に最適な断熱材について(結露の心配)

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/03/23 01:16

先生方教えてください。

工務店の断熱工法が内断熱だそうで、結露の心配を考えて断熱材の選定で悩んでおります。
当然、信頼した工務店にお願いするのは大前提ですが。
私として… [続きを読む]

ドクターかいちさん (広島県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

断熱材について 村上 治彦(建築家) 2008/03/24 11:08

このQ&Aに類似したQ&A

外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件
鉄骨造の断熱について ryo-sukeさん  2011-09-12 09:35 回答3件
寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策 キョロ@さん  2009-10-10 23:47 回答2件
電気蓄熱床下暖房について こるびじぇさん  2009-07-09 18:41 回答2件