商品説明ではなく、シナリオ作りを - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品説明ではなく、シナリオ作りを

2008/04/18 21:00

zept 様

100%勝てる企画書はもちろんございませんが、勝てる可能性を高める法則は
あります。

よく見かける残念な企画書のパターンは、自社商品が他社とどう違うのか・従来とどう違うのか・どんなに優れているのか、といったことを延々とつづったものです。

そうではなく、お客様のニーズをまずは徹底的にお聞きするのが先で
『自社商品を活用していただくことでこのように解決につながるのですよ』という
お役立ちのシナリオを明確に描くことが出来ることが
相手の購買心理を揺さぶれる『勝てる企画書』の大切な法則の一つです。

これができあがれば、誠実にプレゼンをすれば良いだけです。

ページ数が多い、少ないではなく
いかに解りやすいかも重要なポイントでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「勝てる企画書」は存在する?

スキル・資格 ビジネススキル 2008/03/21 20:16

プレゼンテーションの場で、他社と競合することが多いのですが、クライアントの気持ちをつかむ「勝てる企画書」というものはあるのでしょうか? プレゼンテーションの方法も含め、勝ち抜くための秘訣があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

zeptさん (東京都/32歳/男性)

このQ&Aの回答

クライアントや決定権を持つ人の観察が重要 林 俊二(ITコンサルタント) 2008/07/04 13:12

このQ&Aに類似したQ&A

緊張しないプレゼンテーションの仕方 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答7件
初心者からの英会話(仕事で少し使う) ぐりりさん  2013-12-30 23:19 回答1件
理解力を上げたい! yusuke1129さん  2013-11-24 23:16 回答2件
人に遠慮してしまう のあ吉さん  2013-10-22 14:26 回答3件
上司への説明、プレゼンの仕方について 062s2046さん  2011-08-30 18:09 回答5件