強迫性障害とは - 茅野 分 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

茅野 分 専門家

茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

- good

強迫性障害とは

2007/01/09 16:33

何度も手洗いをしたり、鍵やガスの元栓を確認したりするのは、強迫神経症(現在は''強迫性障害'')と呼ばれる病気の症状です。自分でも止めたいけれども止められず、繰り返し同じような行動(''強迫行為'')や思考(''強迫観念'')が起こります。

原因は十分に解明されていませんが、脳の中の''セロトニン''という神経伝達物質が不足しているために起こると考えられています。多少の遺伝性も指摘されています。うつ病や不安障害などと近縁の疾患で、合併することも少なくありません。重症の場合は勉強や仕事、日常生活も障害されてしまいます。 

現在の治療の主流は薬物療法と精神療法〜''認知行動療法''です。薬物は''SSRI''と呼ばれる、セロトニンの伝達を改善させる薬がよく効くと考えられています。但し、比較的、高用量を要します。

認知行動療法とは、自動的に起こる思考(認知)や行動を意識して修正する治療法です。治療者と一緒に、もしくは自分自身で認知や行動を客観的に観察します。強迫観念・行為に至る認知を修正しながら、行動も修正するのです。

認知が修正され、ある程度の不安や恐怖が治まったら、意図的に強迫観念や行為を行わせないこともあります(''曝露療法'')。不安や恐怖心を感じながらも、それに耐えられるように訓練していきます。それにはご家族の協力も必要です。

ご家族へは本人の病気や症状そして気持ちをよく理解していただき、強迫症状を抑えられるようご協力をお願いします。但し本人の意に反して無理に抑えると、逆効果になることありますのでご注意下さい。本人の治療意欲を尊重しながら、ご一緒に観念や行動を修正していけると良いでしょう。治療は比較的、長期間かかりますが、必ず良くなりますから、主治医とよく相談し、継続して下さいませ。

茅野 分 (銀座泰明クリニック)

補足

銀座泰明クリニックへのリンクは以下へ移転しました。
http://ginzataimei.com

回答専門家

茅野 分
茅野 分
( 東京都 / 医師(精神科) )
銀座泰明クリニック 院長
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

強迫神経症は治りますか?

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2006/12/29 17:30

32歳主婦です。うちの息子ですが、小さなころから手が汚いと、何度も手を洗い続けるくせがあります。家庭生活を振り返っても、引き起こした原因は特に思いつきません。調べると強迫神経症の一つと知りました… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

夫とコミュニケーションができません。 なまはげさん  2015-05-10 00:10 回答1件
情緒不安定で苦しんでいます マテ茶さん  2014-06-17 17:56 回答1件
老後の生活を考えると不安でなりません myourenさん  2010-08-14 13:23 回答1件
旦那への接し方 みっこりなさん  2010-02-18 11:36 回答1件
わたしの症状はなんですか? Laiさん  2009-05-21 13:05 回答1件