期待されている回答ではないかもしれません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

期待されている回答ではないかもしれません

2008/03/16 11:48

えずぶ様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

確かに大きく値下がりしている株ばかりですね。次につながるような処理をされるとよいと思います。

一つは、投資するときどうしてその銘柄を選択したのか理由を明確にしておくことです。

そして、もう一つは、どこまで株価が下がったら売却してしまうのか、損切りのルールを自分で明確にしておくことです。

今回ご質問の株式にもこのルールを当てはめてはいかがでしょうか?どうしてその株式を購入されたのでしょう。たとえば、新商品がとても魅力的に思えたとか、リストラ効果が進んでいるなどといった買い材料です。

数年経って、自分が買いだと判断した材料は、実際にどうなったでしょう?新商品が魅力だと思えたのに、実際販売してみると競合商品のほうがよく売れてしまったなどという結果であれば、その株式を売却する判断材料になりますね。

また、3割以上値が下がったときは一度損失を確定させるという、損切りルールなどを決められているのであればそれに従って処理されるとよいでしょう。

(現在のポイント:9pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

株価の今後

マネー 投資相談 2008/03/14 15:58

経済の勉強材料に2年前、いくつか買いましたが、いまや、1/3にまで下がってしまい、我ながら 先見の明の無さに、あきれています。でも、今売ってしまうのは?と思い、持ち続ける予定です。今後、どんな方向になりそうでし… [続きを読む]

えずぶさん (東京都/53歳/女性)

このQ&Aの回答

見通しと資産形成の原則 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/14 21:25
長期的には回復をまつ姿勢でいいのでは? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/15 08:45

このQ&Aに類似したQ&A

ネット銀行について PARANDAさん  2009-12-26 11:14 回答4件
決算報告書の発行基準について ジャクソンさん  2009-06-27 15:43 回答1件
判断ポイントを教えてください 運用がんばる!さん  2008-09-04 15:28 回答7件