年間の貯蓄額について - 栗本 大介 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

年間の貯蓄額について

2008/03/14 09:25

momomamaさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

収入に対する貯蓄額というのは、家族構成やその家計の環境によって様々ですから「このぐらいが妥当」という決まった金額があるわけではないものです。

ただ、一般的な家計を見た場合に、手取り収入に対して20%〜25%が住居費、10%前後が保険料という目安がよく使われますし、10%は積み立てに回すという考え方も多く、これに当てはめると、momomamaさんの場合は最低でも3万数千円の積み立てということになりますよね。

しかも、現状の社宅では家賃(住居費)の負担が手取り収入の10%以下ですし、保険にも加入していないわけですから、その分を貯蓄に回すとすれば、手取り収入の30%程度、約10万円ぐらいは積み立てができる可能性を秘めているといえます。

これだけで年間120万円。
あとはボーナスからの貯蓄をどうするかですが、こちらは臨時的な支出や旅行などの予定などにも大きく左右されるので、同じように考えることはできないのですが、仮に30%を貯蓄にまわすとすれば81万円。
つまり合計で200万円程度の貯蓄は十分に考えられるのではないかと思います。

手取り年収約630万円から貯蓄の200万円を差し引いても430万円ですから、平均すると毎月35万〜36万円の支出が可能ということになりますから。

「とりあえずあるお金を使って、残れば貯蓄」という考えでは、収入が増える分だけ支出が増えてしまい、なかなかお金は貯まらないものです。まずは、このように「積み立てるお金」を決めることを考えましょう。

今後は、生命保険の加入なども検討する必要が出てくるかもしれません。
家計簿というと、なんだかきっちりつけないといけないと考えて、しり込みしてしまうことも多いのですが、まずは「支出時のレシートを必ず残しておいて、週末や月末に合計額を出す」ということだけでもやってみてはいかがでしょうか。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

教えてください

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/13 16:50

はじめまして、こんにちは。
25歳、結婚6年目の主婦です。
私は数字に弱く、しかもかなりの丼勘定なので、家計のやりくりなど、今まで深く考えたことがありませんでした。しかし、子供(5歳)もいることですし、… [続きを読む]

momomamaさん (愛知県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

貯蓄の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/13 17:38
家計調査から試算しました 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/13 17:44
貯蓄ができない理由 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/14 10:43

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
家計の状態が妥当なのか不安 hcmyさん  2007-09-23 05:59 回答1件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
赤字家計の我が家で改善できること momoirosangoさん  2010-11-04 16:53 回答3件