貯蓄の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄の件

2008/03/12 18:21
(
5.0
)

てれさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『どのくらい貯蓄をすべきか、現在の状況でどのくらい貯められるはずなのか、』につきまして、まず、お子様が2歳と幼い今の時期は比較的お金を貯めやすい時期となりますので、ふたり合わせた手取り月収の最低でも15%は貯蓄してください。

また、既にこの水準を超えて貯蓄している場合は、家計支出はできるだけご主人様の収入で賄って、てれさんの収入はできるだけ、貯蓄の充当するようにしていただくことをおすすめいたします。

ここまでできれば、年間の貯蓄額も相当なものとなります。

尚、てれさんの場合、老後のとよりもまず先にお子様の教育資金対策をこれから考えて行かなくてはなりません。
二人目のお子さんも考えているのでしたら、尚更です。

進学予定は親の勝手で構いませんので、これから進学スケジュールと各年毎に教育費用がいくらくらいかかるのかを書き出して、大まかで結構ですからお金の流れを把握しておくことをおすすめいたします。

合わせて収入のことも考慮に入れて、不足が生じないようにしっかりと今のうちから準備をしておくことをおすすめいたします。

まず、教育資金対策を行い、それが完了した後から老後資金準備に取りかかっても十分に間に合います。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

てれ さん

やはり教育資金については、人によってさまざまなので、どれくらいだと大丈夫とは言えないのですね。参考になりそうなサイトを探し、計算してみたいと思います。
こども保険はこどもの進学に合わせてプランも立てやすいですし、月1万程度で考えてみようと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後のための貯蓄について

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/12 11:49

老後は夫と二人で、あくせくせずのんびり生活したいと思っています。
夫の定年まで残り17年、どのくらい貯蓄をすべきか、現在の状況でどのくらい貯められるはずなのか、ご教授頂けないでしょうか。

家族… [続きを読む]

てれさん (福岡県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

老後に必要な資金 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/12 12:25
株式分散投資を組み入れましょう。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/12 12:31
分散投資について 2008/03/12 23:20
教育資金難しいです 2008/03/12 23:58

このQ&Aに類似したQ&A

長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
老後が心配です・・・。 草薙 素男さん  2014-07-07 00:44 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件