お手元資金の考え方 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

お手元資金の考え方

2008/03/12 09:19
(
5.0
)

にこちゃん様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

投資運用のセオリーとして、借入金の返済は無リスクで利息分が運用益になる最も有利な投資先とされています。これからもお続けください。

手元に残される金額は、私はこのようにお勧めしています。

1.(毎月の生活費×6ヶ月)+2.(これから1年以内に予定されている大口の支出)=生活準備金
理由は
1.は緊急用です。万が一ご主人がご病気(怪我)などで収入が減じた、転職(リストラ)などで一時的な収入減が発生したなどの場合に、6ヶ月あれば対応が可能と考えてのリスク資金です。また、入院などでもこの資金があれば、高額療養費制度での還付を待つ間も対応が出来ます。

2.は予め分かっている費用は手元に残すことで、プラン変更等への対応が少なくなります。
入学金や授業料、旅行費用なども入れます。
これは、3ヶ月に1度は見直してください。追加で残す支出予定の確認、必要がなくなった費用の確認も行いながら準備金の額は変わります。

上記の内1.の内半分程度は定期預金(ネット銀行は金利が高めです)に、2.も支出時期までは3ヶ月か6ヶ月の定期預金にされるようお勧めします。
なお、証券口座をお持ちの場合はMMFで保有されるのも、普通預金より利回りが高く有利と考えます。

以上のことにより、繰り上げ返済した後に、緊急のことが発生しても対応可能と考えます。

評価・お礼

にこちゃん さん

どうもありがとうございます。
手元に残すべき額とその理由が明確で、わかりやすかったです。一度その方法に従って、計算してみます。
ありがとうございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン返済と、生活資金

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/12 08:40

住宅ローンの繰り上げ返済を何度かし、あとローンは15年で1200万円ほど残っています。繰り上げ返済のたびに驚くのは、いくらか返済して期間を短くすることで、かなりの利息の減額になるということ。低金… [続きを読む]

にこちゃんさん (大阪府/42歳/女性)

このQ&Aの回答

繰り上げ返済の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/12 10:32
繰上返済は、慎重に。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/12 13:43
繰り上げ返済はほどほどに 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/12 09:20

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン返済と貯蓄方法 ハナハナハナさん  2009-03-01 12:42 回答6件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断をお願いします。 ponpokoさん  2008-08-06 02:50 回答5件
転職による退職金の使い道について えいなさん  2007-10-15 00:47 回答5件