一般に - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

一般に

2008/03/12 10:51

一般に、コレステロールを材料として女性ホルモンが作られます。
そのため、更年期以降になると、コレステロールが上昇する傾向にあります。

食事から吸収される量はあまり変わらないのに、作られる量が減っているために、血液中に増えるので、自然現象と言えば自然現象です。

ただ、コレステロールが高い状態を続けていると、血管がもろく、硬くなり心筋梗塞や脳梗塞のリスクがあがるので、内科を受診された方が良いと思います(ご家族のために)。

その際、コレステロールの多い食品を控えめにする食事療法を併用し、数値が安定してきたら、薬を減らしたい(無くしたい)と言うことができる先生かを確認しておくのも良いかもしれません。

ホームページ上で、管理栄養士などが来ている医院だと可能性が高いと思われます。

ご参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

検診の結果について

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/03/12 06:49

健康診断で総コレステロール値が平均より上回りました。平均値は140から219なのですが、私は262です。再検査した方がいいのでしょうか。それとも日常生活に注意して様子を見てもいいのでしょうか?日常生活の注意点等アドバイスをお願いします。中性脂肪は64、HDLコレステロールは97です。

miraicanadaさん (埼玉県/57歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

方法が合わないのか回数か足りないのか? ladybirdさん  2010-11-12 13:47 回答4件
足関節靭帯損傷について 円さん  2010-02-19 20:14 回答1件
右足の痛み ケロリさん  2010-01-30 22:06 回答1件
背中の痛み sugitetsuさん  2010-01-20 12:04 回答2件
僧帽弁狭窄症 雪の華さん  2010-01-12 10:12 回答1件