具体的なIR活動について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

具体的なIR活動について

2008/03/12 20:19
(
4.0
)

こんにちは、根本と申します。上場会社で総務、IRを担当しておりました。
今は、コンサルティングをしております。

IR担当者としての考えについては、ほかの方がご回答されているようですので、
私は、具体的なIR活動をご紹介したいと思います。
IR活動には、以下のようなものがあります。

公開前は
※アナリストとのミーティング
※IRに関するツールの作成(会社案内やパワーポイントの資料、会社紹介ビデオの作成)

公募期は、
※上場の発表や目論見書の範囲内の内容での会社説明会の実施
※ホームページでの情報発信
この時期は、ある程度活動が制限されてしまいます。主幹事の証券会社と確認を取りながら進めていく方が良いです。

公開後は
※決算説明会の準備(会場確保、説明会資料作成)
※会社説明会(個人向け、機関投資家向けなど)
※株主総会開催(現在は、IR的見地からの総会運営が主流です。)
※株主通信、事業報告などの作成(株主総会終了後に株主に発送する書類)
※ホームページによる情報開示(適時開示など)
※アナリスト、投資家対応 などがあります。

私が、以前いた会社は、IR担当が株主通信(事業報告)やホームページののデザインレイアウトや
文章をつくっていましたので、大変でした。
(私は、デザインや掲載する写真を集めることなど苦労しましたが、広報ご担当ということですので、その辺は得意分野ですね。)

IRは、その言葉のとおり、投資家(資本市場)との関係作りです。
一方通行ではなく、双方向でなくては、コミュニケーションは成り立ちません。
良い情報のみでなく悪い情報も伝える誠実性がないと投資家からは信用されません。
新しくIR担当者になった方に、一番最初にする説明です。

頭の整理にでもなれば、幸いです。

東証のホームページには、上場準備会社のためのページがあります。
http://www.tse.or.jp/listing/b_listing/index.html
書籍は、本屋さんで自分に合うものを探されるのが良いと思います。

評価・お礼

広報担当 さん

丁寧にご回答いただきましてありがとうございます。

現状、広報的な実務は「PR」ですが、IPO時に関しては特に「IR」を意識した対応が重要であると認識いたしました。

弊社では、IPOにおける公式文書は業務部、ホームページやプレスリリースの発表、営業用資料などはマーケ(広報を担当する私が所属する部署)の担当となっており、IPOに関する情報は主に業務が把握しています。

今後は業務が把握する情報を上手く共有し、それぞれのターゲットへ向けて情報発信をしていきたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ベンチャーの広報担当がIPOの前後にやるべきこと

法人・ビジネス 広報・PR・IR 2008/03/11 15:52

ベンチャー企業で広報担当としてマーケティング部に属しています。

具体的には、プレスリリースの作成→配信、メディア対応のほか、イベント出展、セミナー開催、キャンペーンの実施… [続きを読む]

広報担当さん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aの回答

足腰固めを大切に 2008/03/11 23:53
PRとIRの違い 2008/03/12 23:32

このQ&Aに類似したQ&A

サービス業における、効果的なIR活動とは? 専門家プロファイルさん  2008-11-27 13:00 回答4件
ニュースリリースとプレスリリースの違い 良尾さん  2007-09-10 12:42 回答6件
営業広告費の計算と節約 見習い経営者さん  2013-01-22 12:11 回答1件
中国での広告について質問です 桃子ちゃんさん  2013-01-11 19:05 回答1件
セミナー集客・告知方法について jmsystemさん  2012-10-05 12:26 回答2件