IPO前後でのIRの業務について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IPO前後でのIRの業務について

2008/03/12 01:21
(
3.0
)

広報担当様、こんにちは。コンサルタントの神永と申します。

さて、ご質問頂きました「IPO前後のIR」について。
PRとIRの大きく異なる点は、以下の2点と考えます。

1)告知対象が異なる(PR:ユーザー、もしくはユーザー候補が主)
         (IR:投資家、もしくは潜在的な投資家が主)

2)アプローチが異なる(PR:商品コンセプトメイク等からのアプローチ)
          (IR:目論見書や有価証券報告書を主とするアプローチ)

IR(特にIPO直前)においては、IPO後に株主になって頂ける株主候補の方に対し、
自社の魅力を誤解が無い様に的確に目論見書等にて伝える必要があるということです。

IPO直前には複数の機関投資家様に対して、連日自社をIRして回る「ロードショー」と
いうものがあります。

この際に、機関投資家様は財務上の数字及び今後の戦略の実行可能性・魅力度合い等の
物差しでロードショーの会社を評価します。

つまり、IPO直前においては、IR担当の方は

・自社の戦略をきちんと理解しており、魅力的に(但し、偽りなく)伝えることが出来る。
 (「エクイティストーリー」が重要⇒企業価値に直結します)
・財務的な観点から自社を捉えることが出来る。

という2つの能力が必要です。

ですので、IPO前のIRに関しては、貴社の財務部長、経営企画室長との連携を密に
してゆく必要があると思います。又、エクイティストーリーと呼ばれる部分に関しては、
役員陣との連携も必要になります。

今からしておくべきこととしては、他社のIR事例をストックしておくのが良いかも
知れません。金融庁のEDINETや東京IPOのホームページをご参照下さい。
事例が一番の実務上の参考図書になります。

字数の関係上、多くの回答が出来ないのですが、又ご質問があればお気軽にお問い合わせ
下さい。

株式会社フューチャーデザイン 神永

評価・お礼

広報担当 さん

お忙しい中ご返答ありがとうございます。

ご説明が足りず申し訳なかったのですが、IPOに関わる目論見書や報告書など、直接関係者向けに必要となる書類類は業務部の方で対応しております。

質問は、一広報担当が、IPOというステージの切り替わりの中意識すべき点、やるべきことでした。
が、他社事例の有効性や掲載箇所は大変参考になりました。

実際、私と役員陣が連携をするというのは、組織上難しいところではありますが、PRとIRの違いを意識した広報を行っていければと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ベンチャーの広報担当がIPOの前後にやるべきこと

法人・ビジネス 広報・PR・IR 2008/03/11 15:52

ベンチャー企業で広報担当としてマーケティング部に属しています。

具体的には、プレスリリースの作成→配信、メディア対応のほか、イベント出展、セミナー開催、キャンペーンの実施… [続きを読む]

広報担当さん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aの回答

足腰固めを大切に 2008/03/11 23:53
PRとIRの違い 2008/03/12 23:32

このQ&Aに類似したQ&A

サービス業における、効果的なIR活動とは? 専門家プロファイルさん  2008-11-27 13:00 回答4件
ニュースリリースとプレスリリースの違い 良尾さん  2007-09-10 12:42 回答6件
営業広告費の計算と節約 見習い経営者さん  2013-01-22 12:11 回答1件
中国での広告について質問です 桃子ちゃんさん  2013-01-11 19:05 回答1件
セミナー集客・告知方法について jmsystemさん  2012-10-05 12:26 回答2件