慎重に行動してください - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

慎重に行動してください

2008/02/27 22:24
(
5.0
)

こんばんは club27さん。

コンサルタントの若宮光司です。

相続時精算課税の住宅資金贈与の特例の要件は金額制限とかいくつかありますが、
その中で今回のclub27さんにとって大事な要素は以下の点です。

住宅資金の贈与を受けた年の
>1.翌年3月15日までにその贈与資金全額で住宅用家屋を取得し所有権を付ける
2.翌年12月31日までに住民票を移して住む
<
2.については実現されるようですが、1.については引き渡しが翌年の3月28日の予定だということなので要件を満たさないことになります。
1.について税務署は、申告書に添付義務を付している『登記事項証明書』の所有権移転日、もしくは所有権設定日によって取得年月日を確認するのです。

2.については、『住民票の写し』で居住の日を確認します。

なので、要件に該当しないと税務署が判断すると昨年頂いた住宅資金が単純な贈与と認定されてしまいます。親に返金すると子から親への贈与があったとダブルで贈与税をかけられる危険性もあります。

引き渡し(所有権移転日)を3月15日までにしてもらうよう業者に交渉してください。

添付資料がそろわなかったことについて、居住がそれ以降になったことに伴う理由書などの書類作成もありますので、報酬を払ってでも申告前に専門家である税理士に相談して申告書の作成と提出を依頼されることをお勧めします。

仮にこの特例期間が延長になったとしても、資金贈与は平成20年に実行されておかないといけないのに平成19年の実行となるので来年の申告にも支障をきたします。

補足

譲渡所得税の申告では売買契約の日を譲渡の日とすることも可能なのですが、今回は取得日のことでもあり、また添付書類要件に反することをすることになるので税務署との交渉が発生する問題を秘めています。
やはり税理士に依頼される方が安全です。

評価・お礼

club27 さん

ありがとうございます。
まずは税理士に相談してみることにいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税の適用?

人生・ライフスタイル 遺産相続 2008/02/27 17:53

はじめまして。
この程マンションを購入しまして、親から援助を受け購入資金にします。
相続時精算課税の住宅資金贈与の特例を受けようと考えておりますが、今回の内容について適用が可能でしょうか?

・… [続きを読む]

club27さん (群馬県/36歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の関係書類の提出について ろこちゃんさん  2009-02-26 20:21 回答1件
親の為の住宅購入について norkさん  2009-01-16 21:51 回答1件
借用金と相続時精算課税制度 あびあびさん  2008-06-25 00:37 回答1件
住宅資金祖母からの贈与 momokonさん  2008-06-09 18:01 回答2件