土地も条件付ながら可能です。 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地も条件付ながら可能です。

2008/02/25 11:28

yujicさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

相続時精算課税における住宅取得等のための金銭の贈与の特例は、基本的に家屋を新築若しくは取得又は増改築等のための金銭の贈与について適用がありますが、土地については、いわゆる建売住宅や分譲マンションなど、住宅用家屋と同時に取得した場合に限定されています。

土地と建物請負契約日が違っていたとしても、例えば土地の契約書で購入後遅滞なく家を建てますというような内容の記載があれば可能かと思います。

この特例を受けるには贈与の翌年3月15日までに居住していることが必要ですが、やむをえない事情により同日までに居住の用に供していない場合は、
「その理由及び居住の用に供する予定日を記載した書類」と
「遅滞なく居住の用に供すること及び居住の用に供したときは遅滞なく住民票を所轄税務署長に提出することを約する書類」を添付する必要があります。


もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税について

マネー 税金 2008/02/25 01:44

住居用家屋の取得のために平成19年に建物の建築業者より先ず土地(2300万円)を購入しました。その際、親から2200万円の住宅取得資金の贈与をうけました。その後、工事請負契約を結び、3回に分けて工事代金を支… [続きを読む]

yujicさん (愛知県/34歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

精算時相続税・住宅借入金など特別控除について 時計さん  2009-08-05 23:25 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
土地・住宅の購入時の贈与税について SoraRuiさん  2010-01-26 21:48 回答1件
住宅ローン控除の申請ができない erudaniさん  2009-02-05 11:10 回答1件