時効未成立分は支払う義務があります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時効未成立分は支払う義務があります。

2006/12/13 19:02

 固定資産税の徴収権は,地方税法18条の規定により法定納期限から5年間で時効により消滅しますので,5年以上前の金額を支払う義務はありませんが,未だ時効が成立していない分については,法律上は単に滞納状態にあるだけですので,過去に遡って支払う義務があります。
 たとえ,税金を支払わなかった原因が,役所のミスにより請求書類が送られて来なかったという場合であっても,法律上は時効が成立しない限り税金の支払義務を免れることは出来ません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

車庫の固定資産税について

マネー 税金 2006/12/11 21:55

約8年前に建てた車庫の固定資産税についてですが、今頃になって役所のミスにより全く課税されていない事が判明しました。役所では過去5年間にさかのぼりその分を払えと言いますが、過去にさかのぼり払う義務はあるのでしょうか。

ichigocakeさん (北海道/41歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告が必要か否かを教えていただきたいです satoyamaさん  2016-10-17 13:38 回答1件
貸主が所有しない不動産所得について 奈月さん  2015-11-24 00:19 回答1件
古民家を買い取り、店舗付き住宅にする場合 バニ楓さん  2015-08-23 11:37 回答1件
贈与税について momokopugさん  2014-11-29 00:12 回答1件
(相続税)土地の評価 「貸宅地」「貸家建付地」 melemakaniさん  2014-06-11 16:01 回答1件