資金計画を明確にしましょう。 - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

資金計画を明確にしましょう。

2008/02/19 11:03

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

きちんと家計のやりくりをしていらっしゃると思います。あとは、今後の資金計画を考えるといいでしょう。そうすることにより今すぐ働いたほうがいいのかどうか目安がついてくるでしょう。今後いついくらぐらい必要なのかそれには毎年いくらためないといけないのか。その額が達成できないのであれば、奥様がいつから働いたらいいのか。または、運用して利回りも上げないといけないのか検討してみましょう。
学資保険については、利回りが低いのでインフレリスクがあります。金利が低いときに長期で金利を固定することにより物価上昇による貨幣価値の目減りがおきるリスクです。物価が1%上昇したら運用はそれ以上でないと実質貯金が減っていることになります。
現状では、元本保証の商品でいい商品はありませんが、どうしても元本保証の商品で教育費をためたいのであれば変動個人国債に募集時の金利、経済情勢をみて乗り換えたほうがいいでしょう。
学資保険ですが、貯金のつもりではなく、保険のつもりでやっているのであれば問題はありません。
また、貯金の項目ですが老後のための貯金ががありますが、その前に住宅購入などは考えていないのですか。もし考えているのであれば年齢的に老後資金の準備よりも先に住宅資金の準備になります。老後の資金準備は、現状は元本保証をしていない商品での運用が好ましいです。もし、元本保証している商品での運用を考えているのであれば、金利が上昇するまで待ちましょう(個人年金保険での運用は金利が上昇するまでやめましょう)。上昇したら一括、または分割でその商品に預けるとお金は増えます。たとえば、金利が6%(複利)の商品に一括で預けたら12年で預けたお金が倍になりますね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

3人目がほしいですが・・・

マネー 家計・ライフプラン 2008/02/18 23:41

夫(32歳)は手取り年収280万円、私(30歳)は専業主婦です。子供は保育園(公立で、田舎のためこれしかありません)年少、そして下の子は4月から年少です。つまり年子です。収入の内訳としては、… [続きを読む]

モモッチさん (岐阜県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

キャッシュフロー表での検討をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/19 10:27
とりあえず働いてみては? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/19 07:49

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
赤字家計を脱出したい(中学受験をめざして) くろみちゃんさん  2009-05-08 01:06 回答4件
二人目は難しいでしょうか? 動物大好きさん  2010-12-21 20:45 回答4件
家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
現在の家計管理でよいのでしょうか? のんきな父さんさん  2008-07-08 00:09 回答5件