家計管理の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理の件

2008/02/07 17:53

kiiroさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

kiiroさんの家計簿データを拝見いたしましたが、しっかりと家計管理をしていますので、特に指摘する点はありません。
今後、お子様の成長に伴いさらに基本生活費がかかるようになりますが、今の水準を可能な限り維持していっていただければ十分です。

まず、2人合わせた手取り月収に占める住宅ローンの割合は、22.2%に収まっていますので、無理なく返済していける水準となっています。

教育資金など子ども費用の割合が高くなっていますが、中1と高1のお子さんとなりますので、今の時期は通常このくらいはかかってしまいます。
あと、夏期講習や冬季講習にも費用がかかると思われます。

子ども費用につきましては、削減することは難しいと考えます。

ふたり合わせた毎月の積立金額につきまして、月額7万円と月の収入に占める割合は17.5%も確保できていますので、これだけ貯めて行ければ十分です。
これからもこの水準を少しでも長く続けてください。

尚、食費につきまして、中1と高1のお子さんがいて、月3万円は難しいと考えます。
通常、月5万円程度はかかってしまいますし、無理に食費を削って栄養に偏りができても良くないと思いますし、お子さんたちは大事な受験が将来控えていますので、十分な栄養をとる必要があります。

毎月の赤字やイベント資金は、ボーナス収入から補てんするようにしていただき、今の貯蓄水準だけは維持していってください。

共働きということもあり、万が一のときでも収入が途絶えてしまうことはありませんので、死亡保障よりも医療保障を充実していただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計について

マネー 家計・ライフプラン 2008/02/07 12:38

夫(32)570万 妻(35)280万/子(高1・中1)の4人家族です
昨年マンション購入(借入2900万)しました。
家計のについてアドバイスよろしくお願いします。

【手取り収入】
夫20万(生活費として振り込まれる)
妻20万(… [続きを読む]

kiiroさん

このQ&Aの回答

比較データとイベント・キャッシュフロー表作成紹介 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 14:11
家計のアドバイスについて 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 14:24
今後のマネープランを立てましょう。 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 16:52
人と比べる必要はありません。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 15:43

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 のり子さん  2008-06-25 10:50 回答1件
家計診断お願いします 相談者Aさん  2013-11-25 21:35 回答2件
家計診断について 相談者Aさん  2013-11-16 15:08 回答1件
貯蓄の割合と資産運用について。 kumakumakumakoさん  2012-08-24 11:34 回答1件
家計診断をおねがいします。 makop1010さん  2010-07-17 13:53 回答6件