まず必要なのは教育資金ですが・・・ - 渡辺 博士 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

まず必要なのは教育資金ですが・・・

2008/02/16 02:55

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

現状を拝見すると、たしかに今真剣に考える必要があるのは教育資金です。
あらゆる統計をみても、お子さんの年齢から教育資金に重点を置くのは必然的。言わずと知れたところです。

しかし、tomorinさんストックとフローを考えてみて下さい。
現状、最大のストックである普通預金、このままにしておくことはやはりもったいないと思います。
MMFやMRFを中心とした、流動性の高い資産運用を講じるのが最も有効です。
普通預金と同じく流動性を高める必要性は教育資金に充てるため。
公社債投信としての割合が増えてしまいますが、お子さんが年子であることを考えると仕方がないと思われます。
もしも、リスクが取れるなら、バランスファンドも悪くはないのですが、短期間の運用では、リスクを取る割には収益性があまりない形となりそうです。

同時にフローも考えて下さい。
ほとんど毎月の生活費に充てることはないはず。
少しでも積立をして下さい。
お勧めは養老保険です。
短期の資産形成ですので、一時金を少し入れ、不足額を保険料として支払い続ければ、必要時期には満額そろえることができ、且つ、予定利率から考慮すれば公社債投信よりも大きな利回りが期待できると思います。
この積立は、その後の資産形成においても基礎を築く結果となりますので見逃せません。

さわかみファンドもいいのですが、リスクを考慮すると考えてしまいます。
ただし、教育資金ではなく長期的な老後の資金ならうなずけます。

あと、外貨預金ですが、現状の利回りを考えるとお勧めできません。外貨MMF、もしくは外債をお勧め致します。今なら短期債も出回っているようですので、それを利用すればいいと思います。

いずれにしても、ライフプランが第一ですから、すべての行動はライフプランを検討してからとなりますので、よくご検討なさって下さい。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

資産運用について

マネー お金と資産の運用 2008/02/04 21:42

前職を早期退職し、まとまった退職金をもらったのが数年前。現在の職場でも正社員として安定していますが、勤続年数を考えると退職金はほとんどあてにならないということなどを考えて、手持資産の運用をようやく考え… [続きを読む]

tomorinさん (愛知県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

資産配分を最初に立案ください 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/04 22:48
教育資金の見積もりをしましょう。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/05 17:07
もう少し分散してみては・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/04 23:14
目標リターンを割り出すところから始めてみませんか? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/05 07:46

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用についてアドバイス願います Gingerさん  2010-02-27 23:43 回答5件
29歳女性 留学と資産運用について k8277さん  2007-12-04 13:04 回答6件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件
相続したお金の運用 ぷいぷいさん  2012-12-24 05:20 回答5件
長期/資産運用について G-SHOCKさん  2012-09-12 01:03 回答2件