麻酔について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

麻酔について

2008/02/12 23:29
(
5.0
)

こんにちは。 ご質問に回答させて頂きます。

 通常 歯科で用いる麻酔は 「浸潤麻酔」 です。 この麻酔は 神経に直接的に麻酔をしてい
るのではなく、 周りに麻酔を打って 麻酔剤を 染み込ませて効果を発揮する方法です。

 歯の神経の周りには 歯根膜、骨、骨膜、歯肉、粘膜などがあり それぞれ 麻酔針の刺入点に
よって 効果が 異なります。

 特に問題ない場合は 刺入時の痛みが少なく、麻酔後の痛みの少ない 粘膜下に麻酔をします。
すると 麻酔の液は 骨膜、骨、歯根膜を 染み込んで行って 神経に到着し麻酔の効力が発揮
されます。 ですので 少し効くまでに 時間がかかります。

 ここで、麻酔の効きにくい場合とは 骨膜が非常に堅く 厚かったり、骨の密度が高いなど(骨
は通常 軽石の様な多孔性です)、麻酔が染み込みにくい方は なかなか効きません。身体が 大きくガッシリとした タイプの方は 特に効きにくいです。

 また、歯に痛みがあって 神経に炎症がある場合、根の周りに炎症がある場合も効きにくいです。

 そのような場合、骨膜下や 骨内に直接 針先を刺入して麻酔をすることになりますが、結構
力が必要です。 それでも効かない場合は 歯根膜という 歯の周りに存在する 薄い膜の中に
麻酔を注入します。 これは テクニックが必要ですが、歯根膜に麻酔をして 効かない事は 
ほとんどありません。 まれに、効かなくても 日を改めると 効くこともあります。

 体質的に麻酔が効かなくて 全身的な管理が必要なら、 大学病院が良いと思いますが、そうで
ないなら 一般の歯科医院で十分だと 思います。
 
 他の診療所で受診してみて、 問診の際に 麻酔が効きにくい事を 担当医に告げてみてはいか
がでしょうか?
 
 

評価・お礼

WEST さん

小原澤先生、お忙しい中ご返答ありがとうございました。 麻酔にもいろいろあるのですね。 早速身内の者に報告してみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

教えてください

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2008/02/03 01:50

身内に起こっていることなのですが、虫歯の治療の際の麻酔が効かず、それを先生に伝え、麻酔の量を増やしたりしてくれたそうですがそれでも効かないようなのです。 すると先生から「まずは歯医者に慣れる事から始めま… [続きを読む]

WESTさん (千葉県/34歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

奥歯の歯茎が腫れて歯茎と耳や首の辺りが痛い 7色さん  2014-01-03 13:16 回答1件
固いものを噛むときだけ歯が痛い みくじさん  2015-03-24 13:47 回答1件
水平に生えた親知らずの抜歯 ななんさん  2013-07-19 01:24 回答2件
5歳 乳歯奥歯の抜歯について masatakadaさん  2013-05-23 21:36 回答2件