設計担当者に詳しく説明してもらいましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

設計担当者に詳しく説明してもらいましょう

2005/12/09 22:15

全般的な視点ではすでに分かりやすい回答が出ていますが、ご質問にある「1本の柱で強度はどの程度変わるのでしょうか」という視点ですこし記述します。(同じことの言い換えになりますが)

結論から言うと、強度は全く変わらない、ということになると思います。

木造在来工法は、柱、梁、耐力壁(筋交いなど)の総合力で構造的に成り立っています。だから柱が増えれば梁のサイズが小さくて済みますし、逆に柱が減れば梁のサイズを大きくする必要があります。そして最終的に、法規上求められる構造耐力が確保できるレベルの構造とします。柱が減っても強度は変わりません、というか、変えません。

問題が2つ。
○2階の計画によってはそもそも柱を減らすことができない場合がある
○柱が多いことよりも、梁のサイズが大きいことの方がコストがかかる

「柱が少ないと正直不安」というのは、やはりみなさん感じることのようですね。構造のことは感覚的には分かりにくい部分なので、担当している建築士さんにできるだけ詳しく質問して、納得いくまで説明してもらうのがよいでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

柱の数は多いほうがいい?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2005/12/09 12:44

現在、在来工法で注文住宅を建築予定で間取りの最終調整中です。
1Fを添付のような間取りにしようと思ってますが、和室の角(赤矢印部分)に柱を入れるかで悩んでます。
建築士の先生は外しても構造上問題は… [続きを読む]

くまさんさん (千葉県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
間もなく着工。構造で不安が。 スタ子さん  2013-12-29 23:37 回答1件
既存物件の準耐火構造の確認について bolsoさん  2011-08-19 11:23 回答2件
壁紙のひび割れについて教えてください。 green1212さん  2011-03-29 15:55 回答1件
使用する材木の太さについて ryourouさん  2010-09-07 13:56 回答2件