リスクについての私見です - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

リスクについての私見です

2008/01/31 18:14
(
2.0
)

k20902 様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

MMFと中国株投資信託の件ですが、MMFが外貨MMFの場合はハイリスクになり、円のMMFであれば単年度の損失が5万円程度ですのでミドルリスクと考えます。

ローリスク、ミドルリスク、ハイリスクの絶対値は有りません。
安全資産、確実資産、収益資産という分類のイメージになります。

ローリスクといった場合の商品イメージは、円の定期預金、日本債券などリスクが数%のものと考えます。
一方ハイリターンの例としては、株式や外貨建て商品に為ります。これらはリスクの種類として、市場リスク、信用リスク、価格変動リスク、為替リスク等々影響を受ける要因も多く、振れる幅の大きいのが特徴です。

私見ですが、ローリスクは数%以下、ミドルリスクは10%前後、ハイリスクは15%以上でしょうか。
ただ、同じ商品でも購入の頻度、時期、組み合わせ等々でリスクの程度は変わります。

ご承知とは思いますが、様々な実証研究によれば資産運用の成果の91%は資産配分によって決まると報告されています。その為投資では国内外の債券と株式に分散投資をすることで、リターンとリスクをコントロールします。
これは、夫々の資産が持つリスクと、夫々の資産間の相関で、同じ収益率ならリスクが低い組み合わせ、同じリスクならリターンが高いものを選ぶ組み合わせを作るセオリーとして機能しています。
例えば定期預金、日本債券、日本株式、外国債券、外国株式の5資産均等配分は、リターン(3.56%)とリスク(8%)に為るなど、様々なものが工夫できます。私のHPに資産配分検討表とともに、年金を運用している、年金基金連合会、企業年金連合会、年金積立金管理・運用(独行法)の資産配分、そして各資産クラス別の期待収益率を掲載しています。宜しければご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

評価・お礼

k20902 さん

具体的にどちらがどう適切なのか、まだよくわかりません。すみません。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リスクの取り方について

マネー 投資相談 2008/01/31 17:42

はじめまして。とても素人じみた質問で恐縮なのですが、ローリスクとかミドルリスクとかハイリスクとか、そのうちのどれが自分に当てはまるかを考えてから投資商品選びをしましょう、とモノの本に書かれていた… [続きを読む]

k20902さん (東京都/38歳/男性)

このQ&Aの回答

リスクは目的によって選択されるもの。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/01 01:43
リスクの意味を間違えないで 渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/01 03:50
おっしゃる通りです。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/31 18:21

このQ&Aに類似したQ&A

401K運用に関する質問です monakanoさん  2010-07-26 01:49 回答6件
新興国在住者、何を選べばよいのか? pasemiさん  2013-02-22 17:41 回答1件
長期運用の長期とは 浜田さん  2012-01-12 07:41 回答3件
現状の株についての質問です。 ともちゃん13さん  2011-02-12 19:15 回答3件
投資信託積立の運用方法 あき99さん  2009-08-26 09:59 回答7件